家族カードを使ってクレジットカード現金化をする際の注意点

家族カードでも現金化できるの?

家族カードでも現金化できるの?クレジットカード現金化と言うと本カードの利用を連想しがちですが、実はクレジットカードには家族カードというものがあります。
この家族カードとは一体何なのか、あるいは家族カードで現金化は可能か、そして現金化の利用は他の家族にバレないのかと言った疑問に関して解説したのが今回の記事です。
この記事を読めば、家族カードの意味や現金化などについてより多くの情報を知ることができます。

クレジットカードの家族カードって何?

クレジットカードの家族カードとは何でしょうか。
端的に言えば本カードの機能をそのまま家族でも使えるようにした本カードのコピーのような存在です。
この家族カードの特徴などについて解説していきます。

家族カードの特徴

家族カードは、いくつか特徴があります。
それはレジットカード所有者の家族が持てること、本会員と生計を同一にする家族(配偶者や親など)が作れること、収入が少ない家族でも作れることなどが挙げられ、いずれもメリットに近い特徴と言えます。
家族カードは基本的に家族しか持つことができませんが、機能は本人のカードと同じでポイント還元率や得られるサービス、使用上限額と言ったものも同じです。
当然海外旅行へ行っても本カードと同様に使えるため、基本的な面に関しては家族カードは本カードのコピーのように使用することができます。
また、生計を同一にする家族、例えば本カードの持ち主が夫であれば、妻や子ども、あるいは生計が同じであれば孫にも作れてしまえるというのも特徴です。
そのため、家族の数だけ作成することができるという理論になります。
また、子どもや専業主婦の妻のように単独ではほぼ無収入の家族のように本来であればカードの審査が通らないような家族でもカードを作ることができるため、カードが通らない条件の家族にカードを持たせることも可能です。
こういった特徴を持つほかメリットやデメリットもあります。

家族カードのメリットやデメリット

家族カードはメリットがいくつか挙げられます。
それは、会費が安くなること、本カードと同じ付帯サービスが利用できること、支払いやポイントは本会員にまとめられることです。
会費に関しては本カードよりも安いものが多く半額以下の追加会費で作ることができます。
そのため、会費が高くて家族の人数分持つのに抵抗があるケースでも家族カードであれば比較的容易に人数分のカードを揃えることが可能です。
本カードのコピーのように様々な付帯サービスが利用できることもメリットです。
お店の特典やラウンジの使用、本カードと同様にコンシェルジュサービスが利用できると言ったメリットもあります。
これによりわざわざ本カードを借りなくとも、家族カードでそれらの恩恵を得ることが可能です。
また支払いやポイントが本会員にまとめられるので、家計の管理がしやすくカードのポイントが貯まりやすいといったメリットも得られます。
ただ、デメリットもあり、利用明細がまとめられているので家族内でも何を買ったかが明細で分かってしまうという点です。
これにより誰かが無駄遣いをすればすぐにそれが発覚してしまいます。
これが最大のデメリットと言えるのです。
また、もう一つのデメリットは、家族カードをずっと使っていると自身には信用情報がつかないため、いざローンを組んだり、審査の厳しいクレジットカードを作ろうとした際に利用実績がないと見なされ通りにくいという点もあります。
そして、ある程度のレベルのカードでは関係ありませんが、利用限度も全員で共通しているため、誰かが大きな出費をすれば利用限度額にすぐ届いてしまうというのもデメリットと言えるのです。

家族カードを使って現金化は可能なの?

これまで家族カードの話をしてきましたが、本題の家族カードを使っての現金化は可能かどうかという話をします。
答えは可能です。
家族カードと言ってもあくまで本カードのコピーなので、利用さえできれば現金化は可能。
ただし、注意点はあり、これらの点がどうかについての解説も行っていきます。

家族カードを使っての現金化は可能

冒頭の通り家族カードを使っての現金化は可能です。
本カードと同じように決済できるのが家族カードなので決済機能を使うクレジットカードにおいて何ら問題になりません。
そのため、行うこと自体は通常の本カードと同じように手続きを行って指定口座に入金させることができるのです。
他人が拾ったカードを使って現金化と言うのは、完全な犯罪になりますがきちんと身分証明を行い家族であることが証明できれば問題なく現金が用意されます。
そのため、子どもが自分の身分証明(保険証やパスポートなど)を用意出来れば家族カードであっても現金化できるということが実際のところです。

家族カードの現金化は注意点がある

家族カードで現金化を行うことは仕組み的に可能です。
しかし、注意点はいくつかあります。
それは、未成年の場合本人名義の銀行口座を持っていない場合現金化できないこと、金額が大きいと他の家族が利用できないことが挙げられます。
未成年でも家族カードの現金化ができてしまえるというのが現実です。
しかし、本人名義の銀行口座でないと現金が振り込めないので、クレジットカード現金化が困難になるというケースもあります。
実際のお店に行って現金化を行うということも不可能ではありませんが、大都市の雑居ビルというやや未成年が入りにくい場所にあるため現実的ではないという点に注意が必要です。
例え、手元に家族カードを持っていても自分名義の口座がなければ現金化はできません。
また、現金化の金額が大きいと利用上限額になってしまうことがあるため、家族の利用ができずに不審がられることもあります。
こういった点に注意し、家族カードを利用することに注意が必要です。

現金化の利用が家族にバレない?

クレジットカード現金化が家族にバレるのではという問題があります。
しかし、仕組み上はバレません。
なぜならあからさまに○○クレジットや○○キャッシングなどという履歴ではなく、業者も考慮して利用履歴を記録させています。
ただ、金額によっては問題になり、結果的にバレてしまうことがあるのです。
こういったことについて解説し、まとめました。

仕組みの上ではバレない

仕組みの上ではバレません。
なぜなら利用履歴にも現金化業者の名前であったり、現金を取り扱うような消費者金融の名前を使わないからです。
また、物品のキャッシュバック方式による現金かであっても、送った物品はバレにくい包装となっているだけでなく、時間指定なども出来るので何事もなかったように利用することが可能と言えます。
つまり、業者側も工夫をしてばれないようにしているため、仕組み上は分からないというのが答えです。

金額の大きさで問題になることがある
少額であれば問題ありませんが、数十万円規模の出費になると、その金額の大きさで問題になります。
多くの場合、家族会議になってこの金額は何に使ったものかを聞かれるのです。
その時に適切な理由があれば納得してもらえますが、そうでなければバレる可能性が高くなり、クレジットカード利用業者にもその矛先が向く恐れがあります。
そういったリスクがあるため、家族カードだと利用金額が限られるといった機転を利かせる業者も少なからずいるのです。
そういった理由から本カードのように何十万円もの利用ができない可能性もあるので、それも注意点と言えます。