クレジットカード現金化の買取方式とキャッシュバック方式の違い

買取方式とキャッシュバック方式の違い

買取方式とキャッシュバック方式の違いクレジットカード現金化には、「買取方式」というスタイルと「キャッシュバック方式」というスタイルがあります。
この二つの方式の違い、正しく理解できていますでしょうか?
より自分が望む現金化を行いたいのであれば、その違いについてしっかりと理解しておく必要があります。

金城さん

そこでここでは、そんな買取方式とキャッシュバック方式の違いについて紹介していきたいと思います。

買取方式の現金化業者は古物商営業許可番号がある

買取方式の現金化は、「クレジットカードで何かを買って、それを業者に買い取ってもらう」という仕組みになっています。
仕組み的には、一般的なリサイクルショップなどの形態とほぼほぼ同じだと考えて良いでしょう。
もちろんそうしたお店よりも高額で買取ができるような仕組みにはなっていますが、していること自体はそれと大差ありません。
そのため買取方式で現金化の営業をするためには、「古物商営業」の許可を取らないとなりません。

金城さん

だから買取方式の現金化業者には「古物商営業許可番号」というものが発行されています。

古物商営業許可番号の有無でまず一定の信用度をチェックできる

買取方式とは違い、キャッシュバック方式の場合には特にそういった申請が必要ありません。
だからキャッシュバック方式のサイトの場合、基本的に一定の信用度の有無をチェックすることは難しくなっています。
しかし買取方式の場合はそれも簡単。
古物商営業許可番号の取得には、会社所在地や個人の身分証明書など、ある程度の信用書類を提出しないとなりません。

金城さん

そのため古物商営業許可番号の提示があるかどうかで、最低限の信用度をチェックすることが可能です。

営業停止になったりするリスクも少ない

届け出を出して営業しているわけですから、買取方式の現金化の場合、キャッシュバック方式と比べると営業停止になったり、運営者が逮捕されたりするリスクは少ないといえます。
現金化の申し込みをしている状態で、キャッシュバックのために決済をし、そのタイミングで業者が営業できない状態になってしまったら、こちらはただただお金を払うだけになってしまいます。
お金がないことに困っているから現金化を利用したのにただ負債が増えただけでは、残るのは絶望だけ。

金城さん

買取方式の現金化業者であれば、そうなるリスクは少ないでしょう。

キャッシュバック方式の利点とは?

キャッシュバック方式は読んで字のごとく、「クレジットカードで何かを購入することによってキャッシュバック金が生じる」という仕組みでの現金化になります。
いうなれば、携帯の新規契約や機種変更によってキャッシュバックが生じるアレと同じものです。
買取方式の場合には、一定の信用度をチェックしやすいため安心して利用しやすいというメリットがありました。
では逆にキャッシュバック方式の利点はどこにあるでしょうか?

すぐに現金化できることが多い

キャッシュバック方式の一番のメリットは、すぐに現金化できることがほとんどだということです。
買取方式だと、場合によっては数日程度時間がかかることがあります。
何かを買ってそれを売るという仕組みである以上、その「何か」が自宅に届いたり、あるいは現金化業者に届いたりするのを待たないといけないんです。
電子的な買い物であればそれもスピーディーに進んでいきますが、現物があるものの場合、数日程度の時間を要するものもあります。
クレジットカードの現金化をしようという場合、「とにかく早く現金化したい」という人も多いのではないでしょうか?
その場合、キャッシュバック方式のすぐに現金化できるというメリットはすごく大きなポイントとなるでしょう。
携帯のキャッシュバックだって、最近では即日手渡しでキャッシュバックするという業者もあります。

金城さん

それだけスピーディーに可能なのが、キャッシュバック方式での現金化なんです。

現金化するまでの手間が少ない

買取方式の場合、自宅に届いた商品を業者側に送らないといけないことが多いです。
自宅に届いた商品を送るという行為には、まず「商品を受け取る」というステップと「商品を発送する」というステップを踏まないとなりません。
やること自体はそこまで面倒ではありませんが、二つもしないといけないことがあるというのはいささか手間になります。
また、特に商品を受けとるという段階では、家族などから「それなに?」と突っ込まれてしまう可能性もあります。
クレジットカードの現金化は、できれば誰にもばれずに行いたいという方が多いのではないでしょうか?

金城さん

その場合、より手間が少ないキャッシュバック方式の方が安心です。

買取方式とキャッシュバック方式のどちらかを選べる業者もある

業者によっては買取方式とキャッシュバック方式、どちらの方式で現金化してほしいか、選択できる場合もあります。
とはいえもちろん「キャッシュバック方式での現金化」、「買取方式での現金化」と明記されていることはそうそうありません。
そうではなくたとえばキャッシュバック方式の場合、「即日換金コース」のようなかたちで表記されていることが多いです。
逆に買取方式の場合には、「じっくり換金コース」や「通常コース」のようなかたちで記載があるでしょう。
そういうふうに記載がある全ての業者で選べるというわけではないので、実際には電話やメールなどのやり取りで確認する必要がありますが、選択できる利点は大きいです。

金城さん

自分で方式を選択できるところであれば、より満足いく現金化ができる可能性も高いのでおすすめです。

どちらを選ぶべきかは求めるものによって変わる

買取方式とキャッシュバック方式が選べる業者でどちらを選べばいいのかというのは、やはり現金化において求めるものによって変わってきます。
基本的に買取方式は、キャッシュバック方式と比べて換金率が多少高くなる傾向にあります。
だからもし少しでも高い換金率で換金してもらいたいと思っているのであれば、買取方式を利用するのがおすすめです。
対してキャッシュバック方式は、換金率こそ買取方式に比べて低くなりがちですが、その分よりスピーディーな換金が可能。
また、換金率は確かに買取方式の方が高くなる傾向にありますが、その差は「5%以下」であることが多いです。
そのため、多少の換金率の差は無視してもいいからとにかくお金が早く手元にほしいという人には、キャッシュバック方式の方がおすすめできます。

金城さん

いずれにしても自分は現金化に際して何を求めているのかということをよく考えて選択していけば、後悔することはないでしょう。

買取方式とキャッシュバック方式の違いまとめ

クレジットカード現金化の買取方式とキャッシュバック方式は、このようにそれぞれ別のメリットデメリットがあるものでした。
だからこそしっかりとその違いを理解して、自分にはどっちが適しているのかを考えて利用していく必要があるのです。
あるいは、換金率が高いのは買取方式で、しかも安心度が高いのも買取方式だといえるので、できるだけ時間に余裕をもって買取方式で現金化していくというのもおすすめです。
買取方式の「時間がかかる」という大きなデメリットがあまり問題なくなるのであれば、買取方式の方が後悔は少なくなる可能性は高いです。
それも頭に入れて現金化計画を立てていくと、より失敗のない現金化をしていけるでしょう。