クレジットカードの審査基準とは?通りやすくする方法はあるの?

クレジットカードの審査基準

クレジットカードの審査基準クレジットカードを作るためには必ず入会審査をクリアしなければいけません。

では審査基準はなんなのか?残念ながらクレジットカード会社は明確な審査基準を公表してはいませんし、審査で不可となった場合もその理由を説明してくれることはありません。

そこでここでは一般的なクレジットカードの審査基準と審査に通るためのコツについて紹介していきます。クレジットカードを創ろうと考えている、審査に通らなかったことがあるひとはぜひそれをチェックしていってください。

大手クレジットカードの審査基準について

一般的なクレジットカードの審査基準とは

クレジットカードの審査基準や申し込み資格は、カードの種類や発行元の企業によって異なります。ある程度の目安として基準を後程詳しく説明するので、クレジットカードを作る際の参考にしてください。

基本的なことですがクレジットカードにも様々な種類があり、たとえば年会費が必要なものとそうでないものがあります。

年会費無料のクレジットカードは基本的に学生や市専業主婦が利用することを想定しています。そのため18歳以上が入会資格で、審査通過に必要な年収は10万円~200万円が目安です。

年会費有料のクレジットカードは基本的に社会人が利用することを想定しています。そのため入会資格は18歳以上、必要な年収は100万円~200万円が目安です。平成29年度の20歳未満の平均年収が132万であることを考えると、18~19歳の社会人でもカードの発行が可能なように金額を設定していることがうかがえます。

他にも入会資格が20歳以上というクレジットカードもあります。その場合の審査通過に必要な年収は300万円~500万円が目安です。このカードの場合20歳以上の安定した収入のある社会人を対象としているので、必要な年収の基準を高額にしている可能性が考えられます。

年会費無料のクレジットカード
クレジットカード 年収 対象
ACマスターカード 10万円~100万円 安定した収入がある20歳以上が対象
Tカードプラス
楽天カード 10万円~200万円 高校生を除く18歳以上が対象
オリコカード
イオンカード
ライフカード
セディナカード
年会費有料のクレジットカード
クレジットカード 年収 対象 年会費
JALカード 100万円~200万円 高校生を除く18歳以上 2,000円
JCBカード 1,250円
三井住友カード
アメリカン・エキスプレス 300万円以上 安定した収入のある20歳以上 12,000円
ダイナーズクラブカード 400~500万円以上 安定した収入のある27歳以上 22,000円

審査に通りやすくするための方法

カード審査が不安という方も少なからずいらっしゃるでしょうが、審査に通りやすくなるコツもあります。不安な人は以下の項目を実践したうえで、申し込みを行うとよいでしょう。

事前にカードシュミレーションを試す

ネット上で無料でクレジットカードシミュレーションをすることができます。
カードシミュレーションでは年齢や年収、雇用形態を元にその人に合ったクレジットカードを判定します。
実際の審査ではそれだけで決まるわけではないので、シミュレーションで判定されたカードを選んだら必ず通るというわけではありませんが、自分に合ったカードがどれなのかを知る目安にはなるのでおすすめです。

キャッシング枠を減らす

クレジットカードにはキャッシング枠ショッピング枠があります。キャッシング枠とはクレジットカードを利用してお金を借りる場合の限度額のことで、これを高額に設定して申し込むとお金に困っているという印象を与えてしまいます。
逆にキャッシング枠を0円に設定して申し込みを行った場合、貸し倒れが低いと判断されて審査に通りやすくなる傾向が強いです。このことを考慮してキャッシング枠の金額を設定するようにしましょう。
キャッシング枠の注意点として、50万円以上で申請した場合、カード会社側が申込者の年収を把握する義務が発生します。とにかく審査を通りたい、キャッシングを考えていないと憂い場合には、50万円未満で設定して申し込みをすると審査が通りやすくなるのおすすめです。

申込書について

申込書は空欄をなるべく埋めて提出しましょう。空欄があると丁寧さに欠ける性格と判断され評価が落ちるので、面倒でもできる限り項目を埋めて提出します。
またインターネットではなく紙の申込書を利用する場合は、できるだけ丁寧に記入しましょう。几帳面な性格と判断されると審査に通る可能性が高くなります。
それから短期間での多重申し込みは避けましょう。1か月に3社以上のクレジットカードの申し込みをした場合、申し込みブラックと呼ばれる状態になります。その場合お金に困っていてカードを利用して支払いを使用していると疑われるので、審査に落ちやすくなります。

クレジットカード審査に通るための知っておきたい情報

クレジットカード審査に落ちる理由とは

クレジットカード審査に落ちる場合の理由の理由としては以下の条件があげられます。

ブラックリストに載っている

ブラックリストについてですが、ブラックリストとは個人信用情報機関に異動情報が記録されている状態のことを指します。
個人信用情報機関とは国内のCIC(指定信用情報機関)、JICC(日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つのことで、カード会社はこれらの期間に情報を照会してクレジットカードの所有情報、支払いの滞納や金融事故、自己破産者ではないかを確認します。
ローンの支払いの滞納や金融事故があるとブラックリストに名前が記載され、それがマイナスの印象を与えてしまうため審査に落ちる可能性が高くなります。
クレジットカードの利用金額の多延滞、携帯電話代金の延滞・滞納、延滞を繰り返す、自己破産・個人再生をした、奨学金の返済が延滞するなどするとブラックリストに名前が記録されます。心当たりがあるのなら個人信用情報機関に信用情報の開示申請をすれば確認することが可能です。

間違えた情報や嘘の情報で申し込みをした

嘘や間違った情報で申し込みをするとマイナス評価を与えてしまうため注意しましょう。

個人信用情報機関にカードやローンの履歴がない

一度もクレジットカードやローンを使ったことがない人のことをスーパーホワイトといい、この状態では信用できるかどうか判断材料がないので審査に通る可能性が下がるとされています。

同じカードに何度も申し込みをしている

審査に落ちたからもう一度同じ会社に申し込みをするというのはあまりおすすめできません。
クレジットカードの申し込みの記録は6か月残っているため、何度も同じカードの申し込みをしても直近6か月以内に一度落ちていれば、コスト削減のために自動的に審査落ちと処理されてしまうので、同じカードに申し込みをする場合は6か月以上期間をおいてから再申し込みするようにしましょう。

審査が通りやすいクレジットカードについて

審査が通りやすいクレジットカードの特徴として申し込み資格が甘い、流通・信販系のクレジットカードであるという2点があげられます。

会員数を増やすことを目的としているカード会社なら、当然審査基準が低めに設定されています。例えば審査が厳しいと有名なアメリカン・エキスプレス・カードの場合、資格が20歳以上、年収の目安が300万円以上とされています。逆に審査が緩いとされているのはオリコカード、高校生を除く満18歳以上なら申し込みが可能で年収の目安も低めとなっています。

またクレジットカードは選ぶカードによっても審査の難易度が大きく違います。
カードの発行会社別でみた場合銀行系のカード(銀行や銀行と提携している会社が発行しているカード)>交通系カード(鉄道会社が運営する子会社が発行するカード)>信販系カード(信販会社が発行するカード)>流通系カード(大手スーパーやデパートが発行しているカード)の順で難易度が厳しくなっています。
またカードの種類によっても審査基準が異なり、ブラックカード>プラチナカード>ゴールドカード>一般のカードの順で審査難易度が高いです。

審査難易度が高いとされている場合でも過去に遅延や延滞などがなく、普通に働いていれば高い確率で審査をクリアすることができます。
収入やライフスタイル、年会費の有無などを考慮したうえで自身に合ったカードを選択すれば審査をクリアすることはそれほど難しいことではないので安心してください。

まとめ

クレジットカードの審査基準は明確には公表されていません。
しかし審査を通過することはそれほど難しいことではありません。安定した収入があり、過去に返済の遅延や延滞などがなく、金融トラブルや自己破産などがなければ、審査をクリアすることができるでしょう。
ただしブラックリストに名前がある、間違った情報で申し込みを行うなどをしてしまうと、審査に通らなくなる可能性が上がるので、注意できるところは注意して審査に通るように努めることが重要です。
またカードの種類やカード会社によっても審査の難易度が異なるので、そこのことを頭に入れておきましょう。一般的に審査の難易度が低いとされているのは信販会社が発行しているカード(オリコカードなど)や大手スーパーやデパートなどが発行しているカード(イオンカード、エポスカードなど)です。”