クレジットカードのキャッシング枠の利用と現金化業者に依頼するのはどっちがいいのか?

キャッシング枠と現金化はどっちがいいの?

キャッシング枠と現金化はどっちがいいの?キャッシング枠の利用と現金化業者への依頼ははっきり言うと判断が難しいです。
双方にメリット・デメリットがあるので、向き不向きな場面も出て来るからです。
これらの情報も確認してからどちらを利用するか決めるのが良いでしょう。

キャッシング枠を利用しての現金を用意する時のメリットとデメリットは?

クレジットカードにはお買い物で使うショッピング枠とは別に借入業者と同様にお金を貸してくれるキャッシング枠も設けられています。
こちらを使って現金を用意する場合のメリットとデメリットについて解説していきましょう。

キャッシング枠のメリット

キャッシング枠のメリットとして「欲しい金額そのままを用意して貰える」のが強みです。
クレジットカード現金化だと換金率や手数料による計算の元で現金が用意されるので、欲しい金額そのままでは貰えない可能性もあります。
それらを見越して欲しい金額よりも多めに現金化の方法もありますが、そうなると今後の返済面に支障が出やすいリスクも高いです。
現金化と言ってもカード会社へは利用した分の返済が必要なだけに返済面を考慮しての利用も重要になってきます。

一方で、キャッシング枠の場合は欲しい金額そのままで借りる事が出来ます。
キャッシング枠でも返済はありますが、それでも現金化に比べると返す金額は借りた金額ぴったりそのままで良いので返済の事を考えるとこちらの方が楽な上に返済面での支障が出るリスクを抑えやすいです。
キャッシング枠でも返済方法に関しては支払回数の変更等無理のない返済が出来るサービスもちゃんと用意されているので安心です。

キャッシング枠のデメリット

キャッシング枠のデメリットとして「審査はキャッシング枠でもある」事です。
借入だと申込みから融資開始の間に審査が入ります。
年収等の収入面、職業等の身分確認、そしてちゃんと働いていて収入の確保は出来ているかの確認を兼ねた職場への本人確認の電話はどの借入業者でも必ず入ります。

キャッシング枠も例外ではなく、これらの審査は当然入ります。
審査の結果、キャッシング枠での借入は無理となる場合も充分あり得ます。
クレジットカードを持っているからと言ってキャッシング枠も開けるかと言われたら別問題と言う事です。
既にキャッシング枠も開設済みだったり、クレジットカードを持てている人なら基本的には通ります。
しかし、カードを作った後に転職や辞職等で収入が大きく減った場合だとカードは引き続き持てても、キャッシング枠の開設は無理となる事はあり得ます。
利用するタイミングもキャッシング枠で現金を用意する際には重要になってきます。

現金化業者に依頼して現金を用意する時のメリットとデメリットは?

クレジットカードを使って現金化する現金化業者へ依頼した時のメリット・デメリットも解説していきましょう。
現金化だとキャッシング枠には無い物もあります。

現金化のメリット

現金化のメリットとして「審査不要で現金を用意してくれる」事です。
クレジットカード現金化と言ってもやっている事はショッピング枠で購入した商品を元にした買取です。
つまり、ショッピング枠さえ確保していれば利用出来るので審査をする必要性がありません。
現金化業者で現金化を出来る条件は「ショッピング枠の空きがある本人名義のクレジットカード所有者」以外は何もありません。
審査は当然しませんし、そもそも借入業者では無いと明記している所もある程には借入とは無縁です。
ショッピング枠の空きが最低でも現金として欲しい金額だけ残っているなら利用出来るので、キャッシング枠の審査みたいに通るか心配をする必要がありません。

現金化のデメリット

現金化のデメリットとして「本来は違法な行為であるのでペナルティのリスクが有る」事です。
現金化のデメリットにはキャッシング枠と違って欲しい金額そのままでは貰いにくいのもありますが、それ以上に安全面で問題有りの方が大きいです。
ショッピング枠で購入した商品を現金化は見方を変えれば転売そのものです。
カード会社の利用規約には転売目的の利用は禁止と書かれており、現金化はその規約違反すれすれの状態です。

もしも、現金化目的での利用がバレたらペナルティとして一時的なカード利用停止が下されます。
これでもまだ軽い方で、重いのになると強制解約になる事もあります。
強制解約だとカードは使えない・使った分の支払いは引き続き有る・ブラックリスト入りすると重い処分が下ります。
現金化の利用は手軽に現金を用意出来る反面ペナルティーも受けやすくなってしまいます。
関連ページ⇒クレジットカード現金化のメリットとデメリットは?

安全性を取るならどっち?速効性を取るならどっち?

双方のメリット・デメリットは解説した通りですが、まだ比較した上で決めて欲しい部分はあります。
それは安全性と速効性です。

安全性に優れているのは?

安全性を重視するのであればキャッシング枠の利用一択です。
キャッシング枠は審査こそ入りますが、審査さえクリアすれば普通に使う分には何も問題有りません。
そもそもキャッシング枠自体、カード会社が正式に用意しているサービスですので利用してもペナルティーを受ける事は無いです。
ちゃんと返済期限にまで返済も出来ていればカード会社の方から連絡は入る事はありません。

一方で現金化の方は既に解説しましたが、現金化と言ってもやっている事は転売そのものなので安全性に関しては低いと言わざるを得ません。
ショッピング枠も本来ならお買い物で使う物であり、現金を得る為に使う物ではありません。
本来の用途と違うやり方をしている以上はカード会社から注意されても反論出来ず、むしろ警告や一時利用停止だけで済んだら良い方です。
本来なら転売目的で使った時点で解約されてもおかしくは無いのです。
正式なサービスとして提供しているキャッシング枠と規約違反すれすれの現金化、どっちが安全性が高いかと言われたら言うまでもなくキャッシング枠です。

速効性に優れているのは?

速効性を重視しているのであれば現金化の方に分があります。
キャッシング枠の利用だと審査が間に入るのは説明済みですが、通ったとしても借入開始まで時間を有します。
最短でも1~2週間以内に開始出来れば良い方と言うぐらいには遅いです。
既にキャッシング枠開設済みだったり時間はある人なら良いですが、時間が無い人からすれば死活問題とも言えます。

しかし、現金化は審査自体無い事や商品買取で現金化をする事もあり、キャッシングよりも格段に早いです。
申込みした1~2時間後には現金が口座に振り込みされたり、遅くても当日中~翌日に現金と1週間も待たないぐらいには早く現金を用意してくれます。
現金化は確かに安全性は劣りますが、その代わり審査と言う手間を省いたおかげで速効性の確保が出来ています。
リスクは多少被ってもいいから早く現金が欲しい人からすれば安全でも時間の掛かるキャッシングより、安全性は低くても時間の掛からない現金化の方が魅力あると言えるでしょう。

まとめ

同じ現金を用意してくれると言う点では同じなのに、キャッシング枠の利用と現金化業者による利用は似て非なるサービスなのが改めて分かります。
それでも双方にメリット・デメリットがあるので、片方のサービスさえあれば充分とは言えません。
安全に現金化したいならキャッシング枠の利用が一番ですが、早く現金が欲しいならリスクは承知で現金化業者に現金化をお任せした方が良さそうです。
どちらを重視するかは各利用者で違いますが、双方に得意な分野はあるので状況に合わせて使うのがオススメとは言い切れます。