手形の現金化は可能なのか?その手法や注意点を紹介!

手形を現金化する方法

手形を現金化する方法手形は現金と同じ価値があるものの、実際に現金となって手元に入ってくるには時間がかかります。
そんな手形を一日も早く現金化したいと考える方は少なくありません。
そんな方に対して手形の現金化があります。
今回のこの手形の現金化について主な手法やそれぞれの特徴、注意点を紹介し、まとめました。
手形を早めに現金化したい方にとってきっと参考になるのではないでしょうか。
それでは手形の現金化の酒類について紹介してきましょう。

手形の現金化の手段~ファクタリングと手形割引~

手形は、その制度が成立した時代から、いち早く現金にしたいというニーズがありました。
そんなニーズに対して誕生したのがファクタリングや手形割引です。
これらはどんなものなのか、その概要を紹介して行きます。

ファクタリングとはどんなものか

ファクタリングとは、一言で言えば手形の買取です。
基本的な仕組みとしてファクタリングを手掛ける会社へ手形を売ってお金を受け取るというものになります。
純粋な意味で手形の現金化とも言えるものがこのファクタリングです。
手形を発行した会社と自分たち、そしてファクタリング会社との3者で契約を結んで買取を行う3社間ファクタリングと自分たちとファクタリング会社のみで契約を行う2社間ファクタリングがあります。
これらは関わる範囲が変わるものの、基本的に手形を買取りファクタリング会社が自分たちに代わって手形の現金を受け取るという仕組みです。

手形割引とはどんなものか

手形割引も基本的にファクタリングに似ています。
自分たちの手形を渡して現金を手にするという方法です。
しかし、ファクタリング会社はなく、取引銀行や手形割引業者と言った企業が関わります。
関わる業者が異なるだけなく、こちらは原則手形のお金が回収できなかった場合、自分たちに原則その金額の返済を求めてくるのです。
ファクタリングも契約によってはそうなることもありますが、ファクタリングの場合買取を行ったら回収できない分はファクタリング会社の損失として処理されることが多く見られます。
この手形割引は、日本でもともとも行われていたものでファクタリングよりも日本では歴史がある手形の現金化です。

手形の現金化~ファクタリングと手形割引の特徴~

次にファクタリングと手形割引の特徴について紹介していきます。
それぞれ手形の現金化と言う面において共通していますが、特徴に関しては異なった点もありますから、その点についてそれぞれ紹介していきましょう。

ファクタリングの特徴

ファクタリングの特徴は、デメリットとなる帳簿の記載が不要、返済義務がないと言った点が挙げられます。
帳簿の記載についてファクタリングを行っても経営上不利な記載をする必要がありません。
銀行などにお金を借りる時、帳簿がチェックされます。
この時、他の場所でお金を借りていると言った記載があるとお金が借りにくくなるのです。
ファクタリングを使えば、あくまで手形を売ってお金を手にした(ファクタリングを利用した旨は貸借対照表に記載する必要が無い)という形だけで済むため、経営に問題がある、財政が弱い(お金を返す力がない)と判断されることはありません。
そのためお金を借りる時に不利になることはないのです。
ちなみに後述しますが手形割引に関しては帳簿への記載の義務があります。
先ほども触れましたが、返済義務がありません。
償還求償権がないと表現されるこの義務ですが、売った手形をファクタリング会社が回収できなくとも、買取金を請求されることはないのです。
帳簿に傷がつかず手形の回収の有無も取られない、この二つが大きな特徴と言えます。

手形割引の特徴

手形割引の特徴は手数料が安い、銀行で行ってくれると言ったものが挙げられます。
手形割引は、取引銀行が行ってくれる場合が少なくありません。
そのため、基本的に手数料が安く、ファクタリング会社の半分以下です。
これによって手形の換金率が上がるという特徴があります。
また、手形割引の専門業者もいますが、銀行でも取り扱いがあるため現金化としては安心して依頼できると言うのも特徴です。
このように安くて安心というイメージが手形割引の特徴と言えます。

手形の現金化~ファクタリング・手形割引それぞれの注意点~

手形の現金化には注意点もあります。
それはファクタリングや手形割引の両方に存在しているのです。
これらの注意点について、それぞれ解説しまとめました。

ファクタリングの注意点

ファクタリングは手数料が高め、契約内容に注意と言うものが挙げられます。
ファクタリングは基本的に気軽に利用できるものの現金化の際にかかる手数料が高めです。
目安としては手形金額の15~20%であり、換金率が80%程度になってしまうという点に注意しましょう。
その分手形が回収できなくなった場合も請求されません。
契約内容にも注意です。
基本的に手形が回収できなくとも自分たちに返済義務はないのですが、悪質な業者だとシレッと義務があると書いてあったり、ファクタリング会社ではなく手形を売った会社が手形を回収しに行きファクタリング会社に全額支払うという契約があったりします。
このような点もあるため注意して契約を確認しましょう。

手形割引の注意点

手形割引にも注意点があります。
先ほどお話しした手形が回収できなかった場合の返済義務の他に帳簿がやや不利になる点や印紙税がかかるという点です。
先ほどもお話しした通り手形割引に関しては帳簿への記載の義務があります。
受取手形割引額と受取手形裏書譲渡度額を貸借対照表に注記しなければいけません。
これを銀行が見たら、お金を貸す際にマイナスの材料になることは必至です。
この注記を目にすれば資金繰りに若干の問題があると判断されることもあります。
また、手数料は安いものの高額になればなるほど印紙税がかかり、印紙代を支払う必要がある点にも注意です。
手数料程高額にはなりませんが、それなりに換金率を下げることもあります。
このように今後銀行からお金を借りることも検討している場合に不利になることや若干印紙代によって換金率が落ちるという点にも注意して対応しましょう。

手形を現金化する方法まとめ

手形の現金化にはファクタリングと手形割引の2種類があります。
この二つの大きな違いとしては銀行が関わるかどうかという点と手形割引には手形が未回収になった場合の返済義務があるという点です。
そして特徴としては気軽に利用できるものの手数料が高めなファクタリングと帳簿へ将来融資を受ける際に不利となる注記をする必要があるものの手数料が安い手形割引と言う違いもあります。
ただ、こういった違いがあるものの手形と言うすぐには現金が手にできないものに対して、比較的迅速に現金化をできるという点に関しては両者の共通点と言えるのです。
他の企業や業者から手形をたくさんもらっているけど、すぐに現金が必要な事態に陥った、そんな会社経営をしているうえで、陥りやすい局面に対してもファクタリングや手形割引の利用による手形の現金化と言う手段によって乗り切ることができます。
会社や自営業を営んでいて資金繰りに困り、手形が手元にあったら、ファクタリングと手形割引のいずれかを検討してみてはいかがでしょうか。
きっと経営をするうえで大きな力となり、融資を受ける以外の有効な資金調達法として重宝する方法になります。