paypayの現金化はできる?できない?現金化の方法と注意点

PayPayで現金化する方法

PayPayで現金化する方法現在最も利用されることが多いQRコード決済の一つのpaypayですが、現金化はできるのでしょうか。
今回、このpaypayの現金化と言う話題でpaypayの現金化は可能なのか、可能であればどんな方法があるのかと言ったことをお話ししていきます。
これを読めばきっとpaypayの現金化に興味がある方にとって参考になるのではないでしょうか。

正攻法ではpaypayの現金化はできない

結論を先に言えば正攻法では現金化ができないものの、方法を変えればできるということです。
具体的にお話しすれば、paypayを直接操作して現金にはできないものの間接的に行うことで現金化ができます。
なぜできないのかについて、また間接的なものはどんなものなのかと言ったことをお話しし、まとめました。

paypayは厳重に現金化ができないようになっている

paypayの現金化を直接行うことができません。
基本的にpaypayへチャージしてしまうとそれを現金にすることができないからです。
確かに例外はあります。
その例外とはpaypayの一種であるpaypayマネーと言うものです。
これはpaypayとついていますが、多くの方がイメージするpaypayとは別物になります。
このpaypayマネーとはpaypayで身分証明を行った方が自分の銀行口座から直接チャージしたものです。
paypayマネーであれば、アプリで操作することによって自分の口座に現金を戻すことができます。
このようにpaypayマネーであれば、現金を戻す行為自体ジャパンネット銀行以外は100円の手数料がかかるものの現金を再び手にすることは可能なのです。
しかし、例外はこれだけでクレジットカードやキャリア決済、あるはセブンイレブンなどでチャージしたpaypayに関してはこのような操作ができないようになっているため現金化がシステム上できないようになっています。
paypayの現金化は運営側も想定しており、paypayマネーと言う例外を作り、その例外に対して他の手法では行えないようになっているのです。
このようにpaypayの現金化は通常では行うことができません。

paypayの現金化は方法を変えればできる

paypayの現金化は直接できないものの、方法を変えて間接的なものにすればできます。
簡単に言えばpaypayを別のものにして、それを換金することによって間接的ではありますが現金化を行うことが可能になるのです。
言い換えれば、paypayの直接現金化対策は厳重なため、こういった方法でしかpaypayの現金化は行えません。
次の項目では具体的にどのようにして間接的なpaypayの現金化を行うのかを解説していきましょう。

paypayの現金化は不可能ではない

paypayの現金化は原則不可能です。
しかし、先ほど触れたとおり間接的な手法を使えば現金化は可能なのです。
ここでは、その方法やpaypay現金化の間接的な手法によるメリットなどにも触れながらまとめました。

paypayで買い物をして売却する

paypayの現金化は買い物をして、それを売却するという方法です。
今paypayは様々なお店で買い物を行うことができます。
ネットで商品を買えるようにもなってきました(ヤフーショッピングなど)。
これに注目して現金化を行います。
マンガ、ゲーム機、あるいはブランド品と言ったものを購入し、転売するのです。
ブランド品やゲーム機であれば買取店へもって行き、買取によって現金を手にすることもできますし、場合によってはネットオークションやフリマアプリなどに出品して現金化することもできます。
このように直接現金化はできませんが、何かをpaypayで購入し、それを売却することで現金を手にできるのです。

paypay経由で様々な決済方法を現金化できる

paypayの現金化は意外なメリットもあります。
他の決済方法を使って現金化をすることもできるからです。
例えば、クレジットカードでチャージを行ったり、直接使用したりと言った方法やキャリア決済を利用してスマホ料金の一部を現金化することも可能です。
このように様々な決済方法をpaypayの利用によって間接的ではありますが、現金にすることができます。

paypayの現金化は違法?注意点も紹介!

話題は変わりますが、paypayの現金化は違法になる可能性があります。
また、paypayの現金化自体そこまでメリットはありません。
そういった注意点についても最後に紹介しましょう。

違法と言う見方もできてしまう

paypayの現金化は違法と言う見方も出来てしまいます。
paypayを使って買い物をして、それを売るだけなので一見自分で買ったものを売るだけです。
しかし、法律的な解釈の一つとしてpaypayの決済後、その利用分をこちらが現金で支払って初めて自分の所有物となるという考えがあります。
これによると、paypayの支払いが完了するまでは自分のものでないため売ってはいけないという捉え方があるのです。
そういった意味で、万が一裁判で訴えられた場合やや不利になることもあります。
そういった点に注意したうえで、paypayの現金化を行いましょう。

paypayの現金化はそこまでメリットがない

paypayの現金化は他の決済手段の現金化に比べてそこまでメリットがありません。
その点について換金率と手間と言う点で観ていきましょう。
換金率に関しては、とても低いものがあります。
例えばゲーム機やブランド品と言ったものを買い取ってもらう手段であっても、その換金率は良くて70~80%です。
また少しでも換金率を上げるためにフリマアプリを利用したとしても100%ということは、ほぼありません。
手間を考えてもメリットが少ないと言えます。
商品を購入して買取を依頼するという流れは、場合によって半日程度移動や待ち時間が必要になる場合も少なくありません。
また、フリマアプリを利用して買取を行っても梱包の手間や売却先へのコミュニケーションと言った手間が生じます。
これらの注意点以外にも買取のための交通費や梱包、発送などの費用や料金を考えると実質手にする金額は非常に少なくなるのです。
このようにpaypayの現金化を考えた場合、メリットがあまりなく、むしろ他の決済方法で現金化を考えた方がよほど換金率や手間と言う視点で有利と言えます。
それでもpaypay以外に決済方法がないという場合は、間接的な手段で現金化を検討してみてはいかがでしょうか。

paypayの現金化まとめ

paypayは便利な決済方法ですが、現金化という視点になると難しく手間がかかります。
直接paypayを現金化してお金を手にすることはできませんし、物品を購入して、それを転売しお金にするというだけでもかかる時間が多く、割に合わないことも少なくありません。
こういった注意点も多いため、paypayの現金化自体は不可能ではないものの、可能であればクレジットカードと言った他の決済手段の現金化を検討するというのが望ましいのではないでしょうか。
もちろん気軽に利用できる決済手段なので、これしか現金化の手段がないという場合においてはpaypayの現金化は有効な場合もあります。
いずれにしても他の決済手段よりは換金率や手間の面で不利ということは知っておいてください。