Paidyの現金化は可能か?有効な二つの手段を紹介!

paidyを現金化する方法

paidyを現金化する方法Paidyは支払いアプリの一種で、翌月支払いのための決算手段、そういったことを知っている方は多いのではないでしょうか。
しかし、これを利用した現金化の手段については、そこまで知られていません。
そこで今回、このPaidyの現金化の手段として有効と思われる二つの手段を紹介し、それらの注意点についても解説していきます。
これを読めばきっとPaidyの現金化について知ることができるのではないでしょうか。
それではPaidyの現金化の手段の紹介から始めていきましょう。

Paidyの現金化:正攻法は商品を買って売る方法

Paidyの現金化の正攻法として商品をPaidyで買って売るという方法です。
この方法が基本的なPaidyの現金化になります。
具体的な手順についてここでは解説し、まとめました。

ネットショップで商品を購入する

Paidyの現金化は基本的に商品をネットショップで購入することから始めます。
このネットショップは様々なものがありますが、大手を選ぶのがオススメです。
例えば、Amazonやバイマと言ったサイトが代表的と言えます。
なぜ、大手なのかと言うと、届くのが早いということや若干の割引が期待できること、そして偽物が少ないということの3点がその理由です。
換金率の高い商品を購入することがこのPaidyの現金化の最大化のポイントなのですが、肝心の商品の到着が遅いと現金化もそれだけ遅くなります。
そのため、より迅速に商品を手に入れたいと思った場合、大手の方が早い送品到着が期待できるのです。
Amazonの場合、最短で同日あるいは翌日には手元に商品がやってきます。
バイマも同様に迅速な商品の到着が可能です。
このように大手の方が早いケースが多いためより迅速な現金化を行う場合におすすめと言えます。
また、大手の場合、換金率の高い商品、例えばブランド品などは送料込みで若干の割引価格で購入可能です。
これが実店舗の場合定価であったり、そもそもPaidyに支払い対応していない(Paidyはオンライン決済専用)ため利用できません。
仕入れる値段が少しでも安い方が買取金額が同じ場合、実質的に手にする現金の金額が大きくなるのです。
そういった意味で大手のネットショップがオススメと言う見方もできます。
最後が偽物が少ないということです。
ブランド品を購入しても偽物では意味がありません。
確かにAmazonは出所が怪しい商品に関しては偽物のリスクがありますが、基本的には少ない部類に入りますし、バイマに関してはこの点をかなり厳しくしています。
基本的なことですが、ブランド品の偽物をつかまされてしまうと現金化ができなくなってしまう、あるいは大損をしてしまうだけでなく、犯罪に問われてしまうことがある(偽物を所持しているだけで罪になる場合もある)ため、本物を確実に手に入れられるというのはとても重要です。
このようなポイントをしっかり押さえてくれるためPaidyの現金化を行う場合、信頼できるネットショップを選ぶことが重要です。

オンラインの買取サイトや実店舗の買取店で売却

商品が届いたら、次は現金を手にする方法です。
このパターンは二つあり、オンラインの買取サイトや実店舗の買取店で売却するというものがあります。
オンラインの買取サイトは宅配買取や出張買取に対応している大手の買取店です。
ここに商品を梱包して買取を依頼すると現金が振り込まれるという流れになります。
地方でも簡単に買取ができるので便利なサービスです。
一方実店舗の買取店で買取を依頼するという方法も有効と言えます。
これは実際に店舗へ購入した商品を持ち込まなければいけませんが、即日の現金化ができます。
金券ショップや大手の買取業者で気軽にブランド品が売却できるので、買ったものをそのまま持っていき商品を現金化しましょう。
法律で身分証明書の提出が必要なので、その点を注意して利用するのがオススメです。
この流れが正攻法のPaidyの現金化と言えます。

Paidyの現金化:高い換金率が期待できるハイリスクハイリターンな方法

Paidyの現金化はこの正攻法が有効です。
しかし、10万円相当のものを購入しても換金率は80~70%程度とやや低めになります。
少しでもこの換金率を高めたい場合は、商品券を個人取引して、それを業者に売却するという方法が有効です。
しかし、後述しますが、リスクもあるためオススメの方法とは言えません。
それでもPaidyの現金化の一方法として存在しているため、敢えて紹介していきましょう。

個人取引で商品券を購入する

個人取引で商品券を購入する方法として、Twitterを利用するものがあります。
これは、Twitter上でAmazonのギフト券を販売しているユーザーを探して、ダイレクトメッセージ(DM)をそのユーザーに入れます。
するとラクマなどのフリマサイトで商品を購入するように指示されるので、Paidyで購入しましょう。
購入が確認されたら、そのユーザーからギフトコードが送られてきます。
そしてこのコードを使って現金化を行ってください。
コードの買取は、Amazon商品券の買取業者を探し、その業者に連絡することで売却が成立します。
この流れでPaidyの現金化ができるのです。

商品券の売却をすれば高い換金率

ブランド品以上の換金率が期待できると言うのがこの商品券を使った売却方法です。
商品券の売却を行うことによってスムーズにいけば90%程度の換金率が期待できます。
ただし、ハイリスクな方法であることは確かなので、正攻法で現金化するのがオススメの方法です。

Paidyを現金化する際の注意点

Paidyの現金化の注意点も紹介していきます。
正攻法や商品券を使った方法の注意点と、商品券を使った方法の注意点についてまとめました。

決められた日に支払いを行うことや現金化に時間がかかる

Paidyは決められた日に決済を行うことが求められます。
そのため、それまでにお金を用意できないと罪に問われたり、訴えられることもあるのです。
そういった点に注意して利用しましょう。
分割払いにも対応しているので、支払いがきつい場合はこういったものを利用するのがオススメです。
また、ほかの現金化、例えばクレジットカードの現金化などに比べると商品を受け取ったり、買い取ってもらったり、あるいは商品券を受け取って同様のことを行ったりと手間と時間がかかる現金化でもあります。
そういった点に注意してPaidyの現金化を行いましょう。

ハイリスクな方法は詐欺に遭う可能性がある

商品券を使ったハイリスクな方法は詐欺に遭う可能性があるという点でオススメできません。
なぜなら、Twitterでユーザーを見つけて交渉をし、ラクマなどで商品を購入しても、コードはおろか、その商品が送られてこないというトラブルばあります。
ラクマの場合は、こちらが操作をしないと相手にお金が行かないのでそこまで心配する必要はありませんが、それ以外の方法を要求してくる場合は、詐欺にあうリスクもあるので、警戒しましょう。
いずれにしても商品券をPaidyで買うこと自体、あまり望ましいことではないため、そういった点にも留意して自己判断で行うことをオススメします。

Paidyの現金化まとめ

Paidyの現金化はクレジットカードを持つよりも気軽に利用できるPaidyと言う決済を使った現金化です。
ネット決済のみなので、実店舗で商品を買うという手段が取れませんが、ネットショップさえしっかりしたところを選べばきちんと現金化をすることができます。
商品券の個人売買と言うハイリスクな方法もありますが、可能であれば正攻法で現金化するのが無難です。