nanaco現金化の方法とはどういったものなの?裏技を紹介します!

nanacoを使った現金化の方法

nanacoを使った現金化の方法
nanacoは一度カードにチャージをすると、チャージした分の現金を返金することができない仕組みとなっています。
ただ使い方によっては、現金が戻ってくることは可能です。
どのような処理をしたら現金が手に入れることができるのでしょうか。

チャージしたnanacoで商品を購入して売る

nanacoは一度現金をチャージすると、現金に戻ることは基本的にありません。
ですから返金という処理はできませんので、基本的には買って使うことしかできないということになります。
nanacoはおもにセブンイレブンやイトーヨーカドーで使うことできる電子マネーです。
全国展開しているチェーン店ですので買い物はしやすいともいえます。
ですから、この店舗で商品を買ってそれを売る行為をすればチャージされている金額を、現金に変えることは可能です。
しかしながら、商品を新しく購入して売ることは、商品によって高く売れるかどうかが変わってきます。
全く価値のないものを買ってしまうと売れないこともありますし、利用者側が大きく損をしてしまうこともあります。
何でもよいからとにかく現金が欲しいというときは、とにかく商品をnanacoでセブンイレブンかイトーヨーカドーで買って、業者に買い取ってもらうのがわかりやすい流れとなります。

nanacoで購入する品物は換金率が高い金券がおすすめ

実際に商品を買って売るとき、換金率が高くなるのは金券など現金と使い方がほとんど変わらないものが人気です。
利便性が高ければ多くの人に受け入れられますので、人気が高くなり、高い金額で買ってもらえることが多くなります。
現在ではキャッシュレス化が進んでいますので、現金を持たないで電子マネーを使うことが多くなってきています。
具体的に人気なのは、クオカード、グーグルプレイやituneのギフトカード、アマゾンのギフト券でもよいです。
コンビニやネットショッピングで使うことができたり、携帯に課金して何かをしたいときに使うことができますので、使い勝手が良いカードとも言えます。
このようなカードは利便性が良いので換金率が高いことも多く、業者の取り扱いが多いカードとも言えますので、競合する為換金率が高くなっているということもあります。
さらに良いことは、これらのカードはセブンイレブンで買うことができますので、換金できる商品も実際に買いやすいというメリットもあります。

nanacoで購入した商品を返品する裏技

nanacoを現金化する方法に、買った商品を返品するという方法があります。
買った商品を売るという行為と劇的に違うのは、基本的には返品手数料などはありませんので、現金にかえたい金額の商品を買えば、ほぼ希望通りの現金が返ってくることになります。
しかしながらこの行為は自分だけですることができません。
必ずお店側に返品の処理をしてもらうことになりますし、他の人に手間をかけることになります。
行為自体は簡単で分かりやすい流れとはなりますが、商品をかって返品する行為は実際にはその場で返品はしにくくなります。
一度家に持って買って必要ないことが分かってから返品することにしたり、すぐには終わることができないこともデメリットになります。
再度同じ商品をお店に持って行ったり、もちろんレシートの保存は必ずしないといけません。
実際には面倒で、当日に終わることができないかもしれないという難点もあります。
ただ、一円でもお金を無駄にしたくないと考える場合この方法は非常に有効です。
とくに大きなお金を換金したいと考えているときは、手数料の関係でお金が少なくなったように感じてしまったり、損したように思えることがあります。
100%現金が戻ってくる方法にはなりますが、いざという時の方法としてとらえておくのもよいです。

お店側の負担を考えると避けたほうが良いことも

買ったものを返品する作業は、お店の人によっては面倒なことになります。
返金の処理は通常の購入の処理とは違いますので、厄介だと思われることも多いのです。
お店側が忙しい時に頼むのは避けたほうが良く、ある程度時間に余裕を持って行った方が良くなります。
たとえばバイトする人が変わったタイミングで返金の処理に行ったり、日にちを変えることで相手側の負担を減らすことはできます。
ただ、この方法は何度も繰り返すことは避けたほうが良いです。
お店の負担にはなるのに加えて、お店によってはよく返品する人というイメージがついてしまって、怪しまれる可能性もあります。
適度にお店を変えてみたり、一度使ったお店では再度やらないルールを作った方がよいのかもしれません。

クレジットカードの現金枠でnanacoにチャージする換金方法を紹介

nanacoのチャージしている現金を現金化するのは、もともとチャージしてある現金を現金化したいときに使うだけではありません。
新しく現金が必要になった時、クレジットカードを使って、nanacoにチャージしてそれを換金することもできます。
通常のクレジットカード現金化の処理は専用の現金化業者を使うことがほとんどですが、現金化する業者に手数料をとられてしまったり、業者の指定した商品を購入しないと売ることができなかったり、契約する業者のルールを守ることが必要です。
また即日換金を謳っていも実際には連絡が取れるだけ、現金化できるのは平日の後日などカラクリがあったり、自分が思う手順とは違った方法で換金がある場合があります。
nanacoの換金は、クレジットカードの現金化の業者は使わないで、商品の購入までは自分でおこなうこととなり、売る業者を探すことから始めます。
商品の購入自体は、スーパーやコンビニでできますので、いつでもすることが可能です。
商品を売るだけの業者の方が、現金化の業者より換金率が高いことがあったり、業者を選ぶ選択肢は確実に増えます。
金券ショップは町中にも良くありますし、土日も営業していることがあります。
売ろうとしている商品がごく一般的な商品なことから、取り扱いも多いのです。
ですからクレジットカード現金化より、よりわかりやすく現金にしやすいというメリットもあります。

何度も繰り返し行いたい場合は金券の換金がおすすめ

町中の金券ショップには金券が必要なくなって売りに来ている人がいたり、その金券をどうやって手に入れたかどうかまでは問われることがありません。
ですから、商品を返品して現金を手に入れる行為よりは、金券を買って売りに行く行為が一番しやすいとも言えます。
金券を売りに行くこと自体は、何度繰り返していても怪しまれることはなく、これもまたお店を変えることでより一層怪しまれることは減っていきます。
クレジットカード現金化は厳密にはグレーな行為で罪には問われることはありませんが、クレジットカード会社が禁止していたり、現金化の業者を使うことできちんと換金されるかどうか不安に思うこともあります。
自分でより身近なコンビニやスーパーで商品を買った後、縛りのない金券ショップに売りに行くことになりますので、わかりやすい流れとも言えます。

nanacoを使った現金化方法まとめ

nanacoの現金化は、通常返金の手続きをとることはできませんが、方法を選べば現金が手に入れることができます。
クレジットカード現金化の業者とは違って、利用するお店はコンビニとスーパー、金券ショップとなりますのでより身近な存在といえそうです。”