クレジットカード現金化のメリットは何?便利だけどデメリットもあるの?

現金化のメリットとデメリット急に現金が必要になった時に、でもちょうど銀行口座が空だった、借りる相手がいないなど困ってしまうことがありますね。
そんな時どうすれば良いのか、まず思い当たるのはローン会社の利用という人が多いですね。でももう1つ、急に現金が必要な時に利用できる方法があります。
それが、クレジットカードの現金化なのです。
クレジットカード現金化の方法のメリット・デメリットについてご紹介します。

クレジットカードの現金化の大きなメリットは

まずはメリットを見ていきましょう。多くのメリットがあるので、ちょっと驚いてしまうかもしれません。

クレジットカードの現金化は借金ではない

最も大きなメリットがこれです。ローン会社に依頼をした場合、これは借金になります。借金としての履歴が残るのです。
しかしクレジットカードの現金化にはそれがありません。なぜならショッピング枠を利用して現金化するので、単に買い物をしたという履歴が残るだけなのです。
借金の履歴と買い物の履歴、後々を考えた場合どちらのほうが良いのかは明らかですね。信用情報に傷が付く恐れのある借金はできるだけしないが吉です。
加えて、業者から買い物をした分のキャッシュバックを受け取るだけなので、利息などの問題もありません。
また無職であっても現金化が出来るというのは大きな利点です。クレジットカードさえあれば、ショッピング枠内で現金化が出来るというのは助かりますね。
審査も必要がないので、緊急時には非常に役立ってくれます。
例えば、冠婚葬祭で急に現金が必要になった、家賃滞納していてその分を早く払いたい、そんな緊急時に審査もなしに出来るのはカードの現金化が借金ではないからです。
すでにカードを持っている事自体が、身分証明になるということですね。。

誰にも知られずに現金化が出来る

こうした急に現金が必要になった時、これ他人や家族また仕事先に知られたくないというケースは多いです。
何よりも仕事場である会社への在籍確認というものが、ローンを使った時には必須になっています。借金したことが周囲にバレてしまうのですね。
それでも構わないという大物以外は、やはりこうしたことは内緒にしておきたいと考えるものです。できるだけ知られずに現金を用意したい、ということですね。
クレジットカードの現金化の場合、在籍確認などはもちろんありません。買い物をしたという履歴は残りますが、請求書などが業者から来ることもありません。
特にしっかりとした業者の場合、秘密がもれないように細心の注意を払ってくれますので、家族など近しい人にも秘密のままにしておけます。
もちろんこの後、カード会社への支払いがあるのですが、これもショッピングをしたもののお金を払うということなので、一括払いから分割払いまで選ぶことが出来ます。
もちろんリボ払いだって、ボーナス一括払いだって可能です。多彩な支払い方法があるのも、クレジットカード使用の現金化のメリットなのです。

他の現金調達法に比べて入金が早い

業者にもよりますが、かなり早い入金を実現している業者もあります。こうした現金化の利用というのは、緊急での利用が多いので入金が早いに越したことはありません。
オンラインでの業者が多いので、そちらでの手続きだとかなり早く現金化が出来て、入金も早いのですね。
電話などでの確認や申し込みができる業者もありますが、オンラインのサイトからの手続きが最も早いというのが現状です。
記録では申込みから10分などというものもあります。これは緊急時には助かりますね。
またオンラインという強みを生かしているので24時間申し込みが可能な業者も存在します。
ただ申し込みはできても現金の入金は翌営業日、ということもあるのでその点は注意しておいてください。

クレジットカードの現金化にはデメリットもある

メリットだけということは、世の中のシステムにはまずありません。クレジットカードの現金化にはメリットも多いのですが、デメリットも存在します。
また場合によってはリスクもありますので、その点も利用の際に心に留めておきたいですね。

換金率や手数料の問題。問い合わせしないとわかりにくい

普通にお金を借りる場合、1万円借りるとすれば1万円手元に来ます。
しかしクレジットカードの現金化の場合、1万円で申し込んでもその金額通りに振り込まれることはありません。いわゆる換金率というものが存在するのです。
業者にしてもこれは仕事であり、利益を出さなくてはならないということですね。
換金率については、各サイトのトップに表示されていることが多いです。これが例えば98%などという場合、それほど少なくないじゃないか、と思ってしまいますね。
しかしよく説明を見てみると、98%というのは最高の換金率であって、条件をクリアできて初めて達成できる換金率なのです。
業者によって条件も変わりますが、現金化の金額によってもこの換金率は大きく変わってきます。
でもまあその程度なら、と思うとその後にまた引かれるものが出てきてしまうのです。
業者への手数料とか、銀行への振込手数料等です。結果、換金率98%だと思っていたら、手元に入金されたのは最終的に80%程度だったということも珍しくないのです。
この手数料などに大きく金額を削られるというのが、クレジットカードの現金化の第一のデメリットです。

簡単に利用ができるので癖になると怖い

クレジットカード自体の使用もですが、簡単に使えるのでつい買い物をしすぎるということ、ありませんか。
現金化も同じことが言えるのです。
現金化自体が簡単に行えるので、ついお金が足りない時に利用してしまうくせがついてしまうのですね。
幸い使えるのはショッピング枠以内なので、普通の場合それほど大きな金額は動きません。しかし回数が増えて毎月となってくると話は別です。
ローン会社で借金を申し込む時にも同じケースがありますが、先月の支払いが追いつかずにその分をまた現金化という、負のスパイラルになる可能性があるのです。
そうなった場合怖いのが、リボ払いや分割払いの利息です。これが重なってくると、下手な闇金よりもコストが高くなる場合があるのです。
便利に使えるからこその罠がありますので、注意しなくてはいけません。便利であることがデメリットにつながってしまうのです。

優良な業者を選ばないとクレジットカードの利用停止になることも

クレジットカードの現金化の方法は2種類ありますが、その1つである、業者に頼まれた品物を購入して買い取ってもらう方式が危険です。
これがカードの利用停止を招いてしまうことがあるのです。転売行為にあたりますので、カード規約に違反する行為に当たります。
なのでこうした買取で現金化をしている業者は避けるに越したことはありません。
またもう1つ、こうしたカードの現金化が当たり前になってくると、毎月ショッピング限度額まで使用していることも増えてきます。
基本的にカード会社はカードを利用した現金化は認めていません。ショッピング枠いっぱいに何度も利用しているという時点で、カード会社が目をつけることもあるのです。
せっかくのカード、利用停止は避けたいものです。

現金化のメリット・デメリットまとめとして

簡単に現金が手に入る、しかも信用情報などに傷がつくこともないのが、クレジットカードの現金化です。
なのでつい習慣的に利用している人もいないではないでしょう。
しかしデメリットのことも考えた場合、信用できる業者に依頼することや、何時も利用することを当たり前にしないなどの注意も必要です。
本当に急に現金が必要な場合だけ、利用したいですね。そうすれば現金化のメリットを充分に味わえますよ。”