仮想通貨の現金化!どんな方法がおすすめなのかを知っておきたい!

仮想通貨の現金化の方法

仮想通貨の現金化の方法すっかりおなじみになった仮想通貨、キャッシュレス化も進んできたので便利に使っている人も増える一方です。
とは言え、どうしても現金が必要になることも時にはあるわけで、そうした時に持っている仮想通貨を現金に変える方法を知っておくと、便利です。
またなにげに購入した仮想通貨、いつかは使うかも、などと貯め込んでおくよりは、場合によっては現金に戻しておいたほうがいいこともありますね。
仮想通貨を現金化するのに最も適した方法はどんなものでしょうか。

仮想通貨を現金化する方法とは

仮想通貨を現金にする方法はいくつかの種類があります。最も使い勝手の良い手段を利用したいですね。
代表的な現金化の方法、3つを上げておきましょう。

仮想通貨の取引所を利用する

最もポピュラーな方法です。仮想通貨を売りたい人と買いたい人のマッチングを行ってくれるのが、仮想通貨の取引所です。
高額な換金も、他の種類の仮想通貨への交換もも可能なので、最も利便性の高い方法です。

ビットコインATMを利用して現金化を

スマホ型のウォレットさえ持っていれば、QRコードをかざすだけで換金ができます。他の手続きとか口座開設も必要ないので、最も短時間での現金化が可能です。
ただ手数料が結構かさむので、急ぎの時以外はあまりおすすめの出来ない方法です。

プリペイドカードを利用して現金に

仮想通貨をカードにチャージして、結果現金として使う方法です。
ただこの現金化の場合、カードに入金した形での現金化ですので、実際に現金自体が必要な場合このプリペイドカードを再度、現金化することが必要です。

現金化の方法それぞれのメリットとデメリットは

3つの方法について、大まかにそのやり方で仮想通貨を現金化する時のメリットとデメリットも考えてみましょう。

仮想通貨の取引所を利用する場合

最もポピュラーで問題もトラブルもない方法です。すでに国内にもいくつかの取引所が出来ていますので、それらを利用して現金化をします。
多額の現金化にも適していますので、大きな金額が必要な時にはこの方法がおすすめです。
売りたい人と買いたい人のマッチングですから、株の売買の取引所と近いものがありますね。
この取引所での現金化の場合、手数料がある程度はかかることを心に留めておいてください。
各取引所によって違いはありますが、出金手数料や取引手数料がかかる取引所もあります。よく吟味して、取引所を選ばないと損してしまいますね。
後面倒なのが、口座を開設登録が必要だということです。一旦登録してしまえば、その後面倒なく使えるのですが、急に現金がほしいなどの場合、ネックになりますね。
スマホから操作ができるので、予め登録しておくのがおすすめです。
また操作の手順も少々ややこしいので、仮想通貨を購入したら取引所にも同時に登録、操作方法など慣れておくといいかもしれません。

ビットコインATMを利用する時のメリットとデメリット

ビットコインATMの場合、何と言っても手続きの簡単さと現金化にかかる時間の短さが、大きなメリットとしてあげられます。
スマホ型ウォレットがあれば、後はQRコードをかざすだけという手軽さです。大きな金額の現金化には向いていませんが、手軽さが最も大きな武器というわけです。
最大の問題は、世界規模で見てもこのATMの数が少ないということですね。日本においては今のところ0台という有様です。
それじゃあ利用できないじゃないか、と思うかもしれませんが、海外に出て現金が必要になった時などに、これを覚えておくと損はありません。
ウォレットの登録が必要なので、海外に出る機会の多い人の場合予め登録しておくと、何かあった際にすぐ使用ができるので便利です。
ただもう一つの問題は、取引額の5%から10%が手数料として取られるということです。急ぎでどうしても、と言う緊急の場合だけ使ってみてください。
仮想通貨自体の利用者が増えているので、この後日本国内にもこのATMが設置される可能性ももちろんありますね。

プリペイドカードを利用しての仮想通貨現金化

プリペイドカードに仮想通貨を使ってチャージして、それを現金化する方法です。国内で対応しているプリペイドカードの代表は、バンドルカードです。
カードにチャージすれば、現金と同じ様に使えるというのが強みですね。仮想通貨に対応していない店などの利用する場合に、これは便利です。
ただカードを予め作っておく必要があるのと、仮想通貨でチャージはできるけど逆はできないということを、覚えておいてください。
またカードを作るにはそれなりの時間もかかりますので、仮想通貨を購入した時に一緒に用意しておくとその後の面倒が減ります。
チャージするだけだと実際に現金が手に入らない、と思うかもしれませんね。それは事実です。
ただここで、クレジットカードの現金化と同じ方法で、このチャージ額を現金に変えることは可能です。
クレジットカードと違ってプリペイドカードなので、クレジットカードのようにカード会社への問題はおきなくて済みます。
換金性の高い品物を購入、それを売るのですね。オークションに出す方法もありますし、チケットやブランド品買取の店に持ち込んで売ることも可能です。
まあ最大の問題は、手間と時間がかかるということですね。急ぎの時にはおすすめはとてもできない方法です。

大きく見て最もおすすめの現金化方法は

安全性や現実性から見て、最もおすすめの現金化方法はやはり取引所を通しての現金化でしょう。

速さはいまいちだけど最も安定している方法が仮想通貨取引所

多少現金化に時間がかかるとか、事前に登録して口座を作っておく必要がある、などの問題はあります。
しかし他の方法に比べた場合取引所を利用するのが最も現実的で、しかも安全な方法なのです。
遅いと言っても、プリペイドカードでの現金化に比べれば、ずっと早いですね。また一見最も早い現金化の方法、ATMは現在日本には設置されていません。
ATMでの現金化は、大雑把に言ってしまうと現実感がないわけです。
口座を作る手間がかかると言っても、仮想通貨に対応したプリペイドカードを作るのに比べれば、時間もかかりません。
換金率に関しても、取引所をうまく選べば非常に高い換金率で現金化が出来るのです。
ATMは手数料がかなり高いですし、プリペイドカードを現金化する場合は、運次第という不安定さがつきまといます。
こうしたメリットとデメリット、比較した場合において最も手間と面倒と危険がない現金化方法が、取引所の利用なのです。

仮想通貨の現金化の方法まとめ

仮想通貨はもちろん、利用が目的で購入する人も多いです。しかし反面、利用はともかく投資の一部として購入する人もいるわけです。
特にそうした、投資目的で購入した人の場合、他の投資に回すなどの理由ができた場合には、仮想通貨を現金に変えたくなるものです。
普通に、使うために購入した人でも、何かの緊急の際に現金が必要になったら、手元の仮想通貨を現金化したくなるのは当然です。
そういった時に現金化するのに、いくつかの方法があることをまず把握しておいてください。
3つの代表的な現金化方法を述べてきましたが、昨今では直接売却というやり方も出てきました。
仮想通貨ユーザーが集まるイベントなどもありますので、そのイベント内で買いたい人に売るという手段です。
実際これは手間もかからず簡単な操作でできますが、いささか危険も伴いますので、注意してください。