クレジットカード現金化を自分でする方法を最新の方法を3つ追加し解説

自分で現金化する方法
クレジットカード現金化というと「クレジットカード現金化業者を利用しなければできない」と思われがちですが、実は自分で現金化する方法もあります。

現金化の方法を大きく分けると「自分でする方法」と「現金化業者を利用する方法」があり、無用なトラブルを避けたいのであれば現金化業者を使わずに自分で行うのが一番です。

ということで今回は現金化業者を利用せずに自分で現金化する方法を裏ワザも併せて解説していきます。

クレジットカード現金化は自分でする方法とは?

クレジットカード現金化を自分でする方法で一番シンプルなのは「換金性の高い商品をクレジットカードで購入し、大黒屋などの大手リサイクルショップに持っていく」という方法です。

自分でクレジットカードで現金化の流れ

換金性の高い商品というと「家電」「ブランド品」「ゲーム機」「高級時計」などがあり、いずれも人気の高い商品ほど換金率が高いという特徴があります。

それぞれの換金率の目安は以下の通りとなります。

  • 家電:40%~70%
  • ブランド品:70%~80%
  • ゲーム機:75%~80%
  • 高級時計:70%~90%

金城さん

この他にも流行りのスニーカーや高級食器のバカラなど、需要のある商品は換金率が高い傾向があります。

新幹線の回数券はカード利用停止のリスクが大

新幹線の回数券は現金化に最適!」などの記事をネットで目にしますが、自分でクレジットカードを使って新幹線の回数券を購入し現金化する方法はカードが利用停止になるリスクが大なのでやめたほうがいいと思います。

確かにクレジットカードを使って現金化する人があまりいなかった時代は、新幹線の回数券を使った方法が手っ取り早かったですし換金率も高いので最高の方法でした。

しかしながら、新幹線の回数券を使った現金化は既にクレジットカード会社にバレている方法なので、即カード利用停止や場合によっては強制解約になる恐れもある非常にリスクの高い方法となってしまいました。
新幹線の回数券はリスクが高い
強制解約のリスク覚悟で一度に多くの回数券を購入する猛者もいますが、強制解約ということは分割ではなく「一括請求」で支払うことになるので絶対にやめておきましょう。

金城さん

どうしてもやりたいのであれば少額での現金化をおすすめします。

商品券・金券は基本的にクレジットカード購入不可

商品券・金券は最大98%で買取してくれる換金率の高い商品ですが、基本的にクレジットカードで購入することはできません。

JCBのクレジットカードをお持ちならJCBの公式サイトからJCBギフトカードを購入することはできますが、リボ払いはおろか分割払い自体不可なので後の支払いが困難になるでしょう。

自分でクレジットカード現金化をする最新の方法3選

ここからは自分でクレジットカード現金化をする最新の方法を解説していきます。

換金性の高い商品を購入しリサイクルショップに持っていく方法」のような時間も労力も使う方法ではなく、利便性の高いやり方となっているのでぜひ参考にしてみてください。

1:Amazonギフト券を購入し自分で現金化する方法

amazonギフトカード
Amazonギフト券とはAmazonのみで使用できるギフト券のことで、コンビニ各種で購入できる方法のほかにインターネットからも購入することができます。

インターネットからですとクレジットカードでAmazonギフト券を購入することが可能となっており、利用限度額に制限はないので必要な分だけ購入し現金化することが可能です。

しかし、リボ払いや分割での支払いはできないので次の返済時に地獄を見るのは確実といえます。

そんなことになってしまえば本末転倒ですよね?

そこでおすすめしたいのが「電子マネーにチャージしてコンビニでAmazonギフト券を購入する」という裏ワザの方法です。

セブンイレブンの「nanaco」やミニストップで使えるイオンの電子マネー「WAON」にクレジットカードでチャージし、コンビニでAmazonギフト券を購入するのです。

インターネットで購入するよりも手間が増えますが、この方法であれば後々返済に困ることもありませんし何よりクレジットカード会社にバレるリスクも少なくなります。

Amazonギフト券を専門に買取する業者がある

都内在住であれば新宿西口にある「アマゾンギフト新宿西口店」にてAmazonギフト券を売る方法がありますが、都内以外の人や実店舗に行くのが面倒という人はAmazonギフト券を専門に買取する業者で売りましょう。

Amazonギフト券を専門に買取する業者の多くはネットで受付をしていますし、迅速に対応してくれることが多いのでおすすめです。

2:ONE PAY(ワンペイ)を使い自分で現金化する方法

ワンペイ
ONE PAY(ワンペイ)とはスマホで個人間での決済のやりとりが簡単に行えるアプリで、スマホのカメラでクレジットカードをスキャンするだけで決済ができる特徴があります。

もちろん自営業者じゃなくても利用することが可能となっており、決済後2~3日ほどで口座に入金されるシステムとなっています。

カード決済の手数料5%と出金時の振込手数料300円以外費用がかからないので、自分で現金化する方法としては最高クラスの換金率といえます。

しかしながら便利な一方、まだまだ新しいサービスゆえに不具合やリスクが未知数といった不安点があるのも事実です。

特にカード会社の対策がどうなっているかはまだ詳細がわからず、1度目ですぐにカード利用停止になる恐れも十分あることを覚えておきましょう。

ちなみに実名のFacebookアカウントを持っていなければ登録できないので、もし使うのであれば事前にFacebookアカウントを作成しておきましょう。

3:クレジットカードで商品を購入しキャンセルする方法

クレジットカード
クレジットカードで商品を購入してからキャンセルし現金で払い戻ししてもらう方法なので、換金率は100%となる方法です。

自分で現金化する方法としてはこれ以上ないくらい高い換金率なのでぜひ皆さんにもやっていただきたい方法なのですが、正直初心者の方にはかなり難しいと思います。

まず、クレジットカードで購入したものを現金で払い戻ししてくれる店を探さなくてはいけません。

やっと見つけた店でも不誠実な現金化の方法なので、1度しか利用することができないでしょう。

クーリングオフがあるからどこでもできるじゃん!」と思われる人もいると思いますが自主的に購入した商品は基本的に対象外です。

ですので、店探しにとても苦労するやり方といえるでしょう。

クレジットカード現金化を自分でするときに注意すること

現金化業者を利用するよりも自分で現金化したほうがお得になる方法もありますが、それをやるからにはいくつか注意することがあります。

自分で現金化する方法のデメリットを知り、換金率だけで方法を選ぶのではなく自分の性格に合った方法を選びましょう。

自分で現金化する方法はカードの利用停止と隣り合わせ

先ほどからお伝えしておりますが、自分で現金化する方法の中にはカードの利用停止のリスクが非常に高い方法があります。

ONE PAY(ワンペイ)を使った方法などは非常に魅力的ですが、その反面カードの利用停止のリスクが隣り合わせにあるということを頭に入れておいてください。

即日現金化できない方法もある

「換金性の高い商品を購入しリサイクルショップに持っていく」方法などは、リサイクルショップの営業時間内に行くことができれば即日現金化することが可能です。

しかし、Amazonギフト券の方法や商品をキャンセルする方法は即日現金化は難しい方法と思っておいたほうがいいでしょう。

ONE PAY(ワンペイ)を使った方法も最短でも2日後の入金となるので、すぐにお金が必要なシーンでは使い勝手が悪そうですよね。

カード停止されたくない人、即日現金化したい人は現金化業者を利用するべき

すぐにお金が必要な人やカードの利用停止のリスクがない現金化の方法を探している人は、優良なクレジットカード現金化業者を利用しましょう。

現金化業者を利用すれば自分で現金化する方法のように「カード利用停止」や「強制解約」に恐れる心配なく快適に現金化することができます。

それに、スマホ一つで土日や夜でも現金化に対応してくれるのでいざというときに頼りになりますよ。

プライムウォレット

プライムウォレット

営業時間 9時~20時 振り込み時間 5分
換金率 98% 総合評価 ★★★★★

自分で現金化する方法まとめ

自分でクレジットカード現金化する方法を解説してきました。

自分で現金化する方法の中には優良の現金化業者よりも高い換金率で現金化できる方法もあります。

しかし、高い換金率の反面色々とリスクがあり、場合によっては最悪な事態になる可能性もあります。

それらのメリット・デメリットを踏まえた上で自分に合った現金化の方法を選択してみてください。