FXの現金化?実は存在するその手法を解説!【クレジットカード必須】

FXを使った現金化の方法

FXを使った現金化の方法
fxの現金化という言葉を聞いて首を傾げた方も多いのではないでしょうか、それは日本のFX業者しか知らないからです。
実はfxの現金化は海外のFX業者を利用して出金することで実現できる方法として知られており、成功すれば高い換金率が期待できる手段と言えます。
そんなクレジットカードを利用したfxの現金化の手順を解説し、一般的にfxの現金化と言われるポジション決済についても触れていきます。
そして最後にクレジットカードを利用したfxの現金化の注意点についてもまとめました。

クレジットカードを使ったfxの現金化の方法

fxの現金化は、クレジットカードを使うことで可能です。
その方法は海外のFX業者を利用し、入金を現金ではなくクレジットカードで行い、口座に証拠金をいれ、取引で利益を出してから出金して手元に現金を入れるというのが大まかな流れになります。
この方法について紹介していきましょう。

海外のFX業者の口座を作る

最初に準備として海外のFX業者でFXの口座を作ります。
海外のFX業者の選び方として、慣れない場合は日本語対応しているところ、日本人で海外FXを行っているユーザーからの評判が高いところです。
日本語対応している海外のFX業者であれば口座を作る際に分からないことがあっても簡単に質問することができます。
日本のFX業者の登録と異なり、まず自分が日本人であることから証明をする必要があり、パスポートの画像をアップロードするといった必要があるのです。
また、見慣れない情報入力や電話番号の先頭の0をなくして入力するといった独特なものも慣れない方にはつまづく原因になります。
そういった簡単なことも気軽に聞けるという意味で日本語サポートが行われている海外のFX業者を選ぶ必要があるのです。
日本人ユーザーからの評判も重要と言えます。
海外のFX業者も実は日本人ユーザーが多いことでも知られており、日本の厳しい規制がない海外のFX業者はより自由な取引を行うことができるということで人気です。
そういった海外のFX業者に口座を持っている日本人ユーザーから評判がいいところは、次の項目でお話しする出金の流れがとてもスムーズというメリットもあります。
そういった意味で、fxの現金化に初めて挑戦する場合は日本語サポートとと評判の高い海外のFX業者に口座を作るのがおすすめです。
そして何よりクレジットカードの入金に対応しているかを必ずチェックしましょう。

クレジットカードで入金してから出金して現金化

次に現金化の手順として、クレジットカードの入金と現金による出金を行います。
日本のFX業者は、あくまで現金でしかFX口座に入金することしかできません。
しかし、海外のFX業者は現金以外にも小切手、デビットカード、paypal、そしてクレジットカードと言った多彩な入金方法を用意しています。
その特徴を利用し、口座を開設した後、証拠金としてクレジットカード決済経由で入金するのです。
そして、上手く運用を行いポジション決済を行えば、現金を手にすることができます。
このポジション決済について次の項目でお話ししていきましょう。

本来のfxの現金化!ポジション決済の流れ

もともとfxの現金化と言えばポジション決済です。
ここではポジション決済とはどういったものかに触れていきます。

ポジション決済とは

ポジション決済とは、持っている通貨を全て希望する通貨(日本円など)に決済することです。
例えば、日本円とアメリカドルを持っていて、日本円でポジション決済したい場合は持っているアメリカドルを全て売って日本円にします。
そして日本円にそろえた上で、その金額を出金するという流れがポジション決済です。
別の例として、ユーロとアメリカドルを持っている場合は、それらを売って日本円にして決済するということを意味します。
このように手持ちの通貨を出金したい通貨に両替する行為がポジション決済です。
fxの現金化を行う場合、クレジットカードでFXを行いポジション決済をして現金化を行う必要があります。

基本的にクレジットカードでのポジション決済は利益分しか現金化できない!

現金で証拠金を入金すれば、証拠金と利益分がすべて出金できます。
しかし、クレジットカードを使ったfxの現金化においては、ほぼすべての海外のFX業者で利益分しか出金できないようになっているのです。
ただ、例外としてBigBossとIFCMarketsの2つの業者に関しては、証拠金ごと出金できるので換金率がとても高くなりますが、海外のFX業者に慣れないユーザーには敷居が高い業者になります。
そのため、fxの現金化は、かなりレベルの高い行為と言えるのです。

クレジットカードを使ったfxの現金化の注意点

クレジットカードを使ったfxの現金化の注意点として、詐欺をイメージする方も多いですが、きちんとした業者を選べば回避可能です。
それ以上に税金や手続きの煩雑さ、換金にかかる時間や為替変動など、より現実的な注意点が数多くあります。
そんな注意点の主なものを中心に紹介していきましょう。

現金化で税金がかかる!

fxの現金化を行う上で実は税金がかかります。
これはfxで得た利益にかかるものであり、例えば日本円換算で5万円の利益が出たらその5万円に税金がかかるのです。
現金化した直後に支払うのではなく、確定申告の際に申告して支払う仕組みになっていますから、fxの現金化を行った後年末に必ず確定申告を行いましょう。
年間取引収支報告書を作成して現金化を行うというとても手間のかかる現金化であるということを知っておいてください。
ちなみに税率は20.315%と高い利率になっており、1円でも利益が出たら課税されるというシステムです。
もし怠った場合は脱税と見なされます。

その他注意すべきポイント(手続き・時間・為替変動)

注意点は税金以外にもあります。
手続きがやや面倒で、海外送金という形になるため、対応している銀行口座も非常に限られるということ、手数料が高いこと、そして時間がとてもかかることなど、よほど利益を出さないとなかなか換金率が上がらないことも少なくありません。
しかも為替変動などの影響で、手に入る金額が大きくなったり、小さくなったりするため確実な金額で現金化できないのも注意しましょう。
こういった多くの注意点を克服して初めてfxの現金化が達成されます。

FXを使った現金化の方法まとめ

fxの現金化は可能です。
うまく運用すれば換金率が100%を超える場合もあるのです。
しかし、慣れない場合はむしろ手間や時間がかかるわりに換金率が低くなり、運用に失敗すれば換金率がマイナスになってしまうということすらあるというのが、このfxの現金化の最大の弱点と言えます。
そんなfxの現金化ですが、きちんと運用を行って適切な業者を選べば最初にお話しした通り、現金がなくとも非常に高い換金率を出すのも夢ではありません。
このようにハイリスクハイリターンの現金化の典型が、このfxの現金化と言えるのです。
これまで様々な現金化の手段を知ってきた方もfxの現金化に関しては相当ユニークな手法であると感じるのではないでしょうか。
確実性はありませんが、一度挑戦してみるというのもありです。