スピードペイでクレジットカード現金化をしても安全か?換金率と口コミも調査

スピードペイ

スピードペイは現金化業者としては珍しいLINEを使っての申し込みも可能になっています。
今ではLINEも連絡ツールとしては欠かせない存在となり、人によってはメールよりもLINEの方が使う回数が多いのも珍しい事では無くなりました。
勿論、従来のメール申し込み及び電話申し込みにも対応しているので、現金化業者として3種の申し込み方法から選べるのは強みです。
しかし、スピードペイにはまだまだ紹介しておきたいサービスは他にもあります。
ここからはスピードペイの現金化について解説を始めていきます。
この記事を読んで現金化業者選びの参考になってくれると幸いです。
スピードペイ

スピードペイの基本情報

店舗名 スピードペイ
営業時間 年中無休9:00~20:00(電話受付も同様)、メール申し込みに限り24時間受付中
住所 東京都杉並区浜田山3-35-19
ホムページ https://speed-pays.com/
最短の現金化時間 最短約10分
カードの種類 記述は無しだが、一般的なネットショッピングで使用可能な日本国内で発行された国際ブランド付きのクレジットカード(本人名義)ならOK
キャンペーン タイムセール(21時までの申し込みで換金率5%UP)

スピードペイがおすすめできる7つのポイントを紹介

スピードペイを紹介するからにはおすすめポイントがあるからと言っても過言ではありません。
それも1つや2つではなく、なんと7つも存在しています。
スピードペイが誇る7つのポイントはどんなサービスなのかを解説していきましょう。

3つの申し込みに対応で自分に合ったやり方で現金化可能

最初にも触れましたがスピードペイでは3つの申し込み方法が用意されています。
口頭で素早く伝えたければ電話、喋るのが苦手ならメール、LINEを頻繁に使っているならLINEと自分に合ったやり方で現金化が行なえます。

現金化依頼をする前に見積もりを用意する事も無料で可能

現金化はしたいけど幾らぐらいの現金が貰えるのか気になる場合は見積もりだけを先に貰う事が可能です。
見積もりが欲しい事を伝えれば最短3分で用意してくれます。
掛かる費用も無料な上にLINEから見積もり依頼も可能です。

土日祝でも現金化可能、振込も即日中に完了出来る

スピードペイは土日祝でも営業しているので現金化の手続きも行えます。
同時に現金振込もしてくれるので、休日中の現金化も対応してくれます。
仮に手続きが10分以上掛かっても申込みのあった当日中には振込は完了してくれます。

使えるのは一括だけじゃない、分割とリボ払いにも対応可能

スピードペイでの現金化で購入した商品は分割・リボ払いにも対応可能です。
支払可能回数は各カード会社で違いますが、最初から一括以外での利用もOKです。
大金での現金化が必要な時でも安全で無理の無い現金化が行なえます。

換金率が他社と比べて1%でも低ければ値段交渉にも対応可能

他社と比較して換金率がスピードペイのが低ければ値段交渉にも応じてくれます。
他社の換金率を知っている事前提にはなりますが、情報を持っていて連絡さえ入れたら提示されている換金率よりもUPした状態での現金化が出来ます。

審査不要なので在籍確認や収入証明書の提出も必要なし

申し込みは出来ても審査次第では落とされるのでは?と不安な人でも安心です。
スピードペイでは審査不要で利用出来るので、借り入れの申し込みに必要な書類等も用意する必要はありません。
クレジットカード1枚あればOKです。

専属スタッフによる徹底した情報管理を保証済みなので安心

スピードペイでは現金化の際に提出してもらった個人情報の取り扱いは徹底管理しています。
専属スタッフが立ち会いの元で個人情報を取り扱い、外部への流出を防いでいます。
カード事故のリスクもゼロと呼べる程に安全面でも高いです。

スピードペイの換金率は高い?現金化業界の平均換金率と比較

スピードペイの換金率は以下の通りです。

スピードペイ還元率表
利用金額 換金率
10万~ 88%
20万~ 90%
30万~ 95%
ASK 98.30%

金城さん

基本的にはこの内容ですが、タイムセールや他社との換金率比較での価格交渉次第では換金率を更に高くする事も可能です。

スピードペイを実際に利用した人の評価は?

スピードペイを利用する上では口コミも判断材料として有効です。
自社HPでのサービス紹介だけでは分からない事も口コミから良くも悪くも判明する事があるからです。
ここからはスピードペイの口コミも幾つか紹介しておきましょう。

スピードペイを利用して良かった口コミ

ローズ 年齢32
★★★★
タイムセールを利用して換金率を上げた状態で現金化出来るのはメリットです。
利用者の制限も設けられていないので、リピーターでも利用出来るのが嬉しいですね。
時間内に合わせれば良いだけなので、利用しやすくてお得感満載です。
スターン 年齢28
★★★★★
本当に10分以内で現金化出来るのか?と不安でしたが無事に出来ました。
仮に遅くなっても申し込みの当日中には振込は必ずしてくれるそうなので安心です。
急な金欠の時でもすぐに現金を用意してくれる頼もしい味方になりそうです。
マイキー 年齢40
★★★★
スタッフの質も悪くなかったです。
本当に分割とリボ払い選んでも大丈夫なのか?と聞いたらちゃんと理由も添えて答えてくれました。
現金化の手順も詳しく説明してくれたので自分みたいに初心者な人にはオススメ出来るお店です。

スピードペイを利用して悪かった口コミ

パーネル 年齢25
★★★
物凄く質が悪い訳でも無いが、特別高いとは感じられなかったです。
換金率も言う程高換金率かな?と他社と比較してみても凄さを感じられませんでした。
普通に現金化する分には良いかもしれませんが、率先してって程では無いです。
ボーデン 年齢38
★★
香典で必要になったので現金化を依頼しましたが、10万円からなのは少し高すぎますね。
時間も無かったので取り敢えず頼みましたが、次からは他所でやると思います。
自分でやったとは言え、換金率も正直言うと低いなと感じてます。
スマッシュ 年齢41
★★
換金率の低さはちょっと考え物ですね…10万円でも88%はちょっと低すぎない?と感じます。
他も見返してみると特別高いって数字でも無いですし、まるでタイムセールとかで補う事前提な気がします。
他所の方がまだマシそうです。

業者の質に関しては良い口コミと悪い口コミ共に問題なしの認識のようです。
換金率等のサービスも確かに大切ですが、その前に業者の信頼性が高くないと却ってトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
スピードペイならその心配は無さそうですが、肝心の換金率が改めて見てみると凄く高いか?と疑問視する人も出ていました。
最低でも10万円からの現金化となればスピードペイで無理に現金化しなくても良くない?と判断されるのもやむ無しでしょう。

現金化スピードペイ申し込みから現金化までの流れ

スピードペイの現金化の申し込みは他社と比較する限りでは大きく違う点は見られません。
過去に他社で現金化した事あるなら殆ど同じ感覚で行なえます。
とは言え、丸々同じと言う訳でも無いので申し込み手順の確認は必要です。

スピードペイの現金化は電話・メール・LINEの3つに対応していますが、基本的にはメール申し込みとなります。
メールの場合だとHPに申し込みフォームが用意されています。

  • 利用回数
  • 氏名
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス
  • 金融業者でない事を理解したチェックマークの入力
  • カード名義(本人名義しか不可)
  • ご利用希望金額

上記の項目は必須となるので必ず入力します。
後は任意扱いになりますが、希望連絡時間・備考欄も用意されているので希望があれば入力しておきましょう。
入力完了後は送信されてスピードペイから折り返しの連絡が入ります。
折り返しの連絡では申し込み内容の確認及び現金化した場合に貰える現金等の説明が行われ、この場で現金化を行うか否かの最終確認を行います。
この時点ならまだキャンセルは出来ますが、それ以降はクーリングオフでの返金も含めてキャンセルは出来なくなるので要注意です。

確認も取れて同意したならスピードペイ指定の商品を購入します。
購入先もスピードペイで用意してくれているので指示に従って購入します。
決済方法も既に解説した通り、一括・分割・リボ払いに対応しています。
購入の確認が取れたら指定口座へと振込されるので、入金の確認が出来たら完了です。

最後に電話とLINEから申し込みした場合についての方法も解説しておきましょう。
電話の場合は用意されている電話番号に営業時間内に繋いで現金化の意思を伝えて、メール申し込みの際に入力する項目を伝えれば申し込みは完了です。
LINEの場合はLINEのQRコードが用意されているので、スキャンして登録しておきます。
登録後はトーク画面でメール申し込みで入力する項目を入力していき、送信して申し込みは完了です。
後は電話とLINE共にメールと同様に指定商品の購入へと移り、手続きを行っていきます。

スピードペイでの現金化の際の注意点

スピードペイの現金化を安全で満足度の高い物にするからには注意点も事前チェックが必要です。
その中でも見落としてしまう事が多い注意点について紹介していきます。

・分割やリボ払いの金利は全て負担しないといけない
分割とリボ払いにも対応していますが、その際には発生する金利は全て自己負担となります。
回数が増えれば増える程払う金利も増えていくので、分割とリボ払いにも対応しているからと言って気軽に選択してはいけません。

・振込の反映は指定口座次第なのですぐに受け取り出来ない可能性もある
スピードペイは即時入金を心掛けていますが、指定した口座次第ではすぐに受け取り出来ない可能性も出てきます。
銀行口座の中には振込即時反映のモアタイムシステム未導入の銀行が存在しており、未導入だと平日15時以降や土日祝に振込しても翌営業日への反映されるまでに数日掛かってしまう事もあります。
この口座を選んでしまうとスピードペイが最短10分で振り込んだとしても口座が動いていない以上は反映日まで待たないといけなくなります。
スピードペイで現金化してもらった現金を少しでも早く受け取りたいならモアタイムシステム導入の銀行を選ぶのが安全です。

スピードペイは利用しても安全な現金化業者なのか?

スピードペイの現金化は質に関しては問題なく安全に利用出来る現金化業者と呼べます。
しかし、サービスに関しては満足出来る物かと言われたら別問題です。
特に換金率は10万円からの申し込みで88%が許容出来るか否かが決め手と言っても過言ではありません。
加えて、10万円からの現金化でしか始められないとなれば1万円からでも現金化出来る業者に比べるとハードルが高いと思われても仕方ない部分です。
スピードペイの現金化は「業者の質は選ぶ上での最優先事項」「10万円以上の大金が今すぐ必要で換金率は物凄く低いとかで無ければ問題にはしない」と考えている人ならオススメ出来ます。
そうと考えていないなら他社での現金化も考慮しておいた方が良いでしょう。