クレジットカード現金化を利用したいけどなんだか不安だなぁ

たけしくん

金城さん

現金が必要な時に利用したいのが『クレジットカード現金化』ですが、優良店はどうやって選べばいいのでしょうか?
主に下記のポイントを見てみましょう。
  • 営業時間
  • 換金率
  • 振り込み時間

利用する際のポイントを押さえ、利用目的にあった優良店を紹介します。

プライムウォレット

プライムウォレット

営業時間 9時~20時 振り込み時間 5分
換金率 98% 総合評価 ★★★★★
あんしんクレジット

安心クレジット

営業時間 9時~20時 振り込み時間 5分
換金率 98% 総合評価 ★★★★★
スピードワン

スピードワン

営業時間 9時~20時 振り込み時間 5分
換金率 98% 総合評価 ★★★★★

クレジットカード現金化を利用する前に知っておきたい5つのリスク

クレジットカード現金化のリスク
クレジットカードの現金化は手軽で短時間にできるので一気に利用者が増えた金策ですが、注意すべきリスクがいくつかあります。

知らないで現金化をしていると何年にも不便な生活をする可能性が否定できません。

特に注意すべきリスクを3つ紹介しますのでシッカリ確認して安全に現金化しましょう。

リスク1:クレジットカード現金化はショッピング枠の一部を無駄にする

クレジットカードを利用した現金化は、残っているショッピング枠を使って現金化業者が提供する商品を購入し、その後にキャッシュバックを受けます。

しかし、このキャッシュバックの額は使用したショッピング枠の額より少なくなります。

利用したショッピング枠の額(利用額)が10万円を切れば75%以下になるのが相場です。

仮に利用額が10万円で戻ってくるのが75%だった場合、キャッシュバックされるのは7万5千円です。
現金化のシュミレーション
2万5千円はみすみす業者に渡したことになります。

金城さん

悪徳業者なら戻ってくる割合はさらに低くなり、70%を割るケースもあります。

しかしクレジットカード会社からの請求額はキッチリ10万円です。

本来なら全額自分が使えたはずのお金ですから2万5千円を無駄にしたと考えることもできるでしょう。

現金を受け取るためとは言え大きな出費です。

金城さん

消費者金融で10万円借りて1ヵ月後に完済した場合なら利息は1,480円ほどですから、いかに現金化が割に合わないか分かりますね。

リスク2:カード会社に現金化がバレたらカードを利用できなくなる

クレジットカード会社の現金化使用の監視
日本で提供されているクレジットカードのほとんどがカードを使って現金を入手する行為を規約で明確に禁止しています。

いかなる事情があっても許されません。

もしカード会社に現金化していることが知れたら、ほぼ間違いなくペナルティを受けることになるでしょう。

金城さん

カード会社はカードを利用した場所や利用額、購入した商品から利用者が現金化したことを判断します。

それまでに現金化をしていなかったらカードの利用停止くらいで済むこともあります。

いつカードが復帰するかはカード会社によって異なりますが、悪質だと判断されたら長期になる可能性もあるでしょう。

カードが利用できなくなりますから、電気代や携帯料金などの生活インフラの支払いがカードだった場合は面倒な変更手続きをやるはめになります。

そして何度も現金化を繰り返しているような利用者は強制解約になります。

こうなると、そのカード会社ではクレジットカードを作れなくなるでしょう。

金城さん

幸い現金化のペナルティが個人信用情報に記録されることはないで別のカードは作成可能です。

リスク3:現金化がバレると利用額を一括返済するよう求められる

現金化を繰り返したり、多額のショッピング枠を現金化すると強制解約以外にも一括請求されることがあります。
カード会社から一括返済を迫られる
一括請求されるとリボや分割払いに指定してあった分まで全て一度に返済するようカード会社から通知されます。

金城さん

カード会社にしてみれば規約を守らない利用者は信頼できないので、一刻も早く利用額を支払ってもらいたいのです。

現金化を利用する方の多くはクレジットカードのキャッシング枠を限度額まで使っていますし、リボ払いを併用している可能性が高いです。

当然、一括請求の額は大きなものになるでしょう。巨額の請求を支払えないと、さらに困ったことになります。

キャッシングの返済ができないことになりますから、支払いの延滞情報が個人信用情報に記録されます。

延滞損害金も発生します。
これは支払いの延滞が発生した際に科せられる罰則金のひとつで、支払い総額の15%の額を新たに支払う義務を負います。

金城さん

どうしても一括請求に応えられない場合はカード会社に分割払いを相談しましょう。

一括請求は思いのほか重い罰則になることが多いのが怖いところです。一括請求の額を把握していないならクレジットカードの現金化は控えるべきでしょう。

リスク4:悪徳な業者を利用してしまい、詐欺や犯罪に合うことがある

現金化で詐欺にあわないために
クレジットカードの現金化で詐欺と言えば換金率の誤魔化しが有名です。

公式サイトには換金率98%とうたいながら実際には60%台というデタラメな商売をしている悪徳業者が少なからずいます。

詐欺行為ですから即座に警察に相談したいところですが、現金化をお願いした方もカード会社の規約を破る行為をしているので警察には行きづらいです。

結局泣き寝入りすることになるでしょう。

金城さん

現金化事業は基本的に合法なのでトラブルを警察に相談しても、まず動いてくれません。

さらに、クレジットカードの現金化業者の中には反社会的勢力に属しているところも存在すると言われています。

クレジットカードの番号やセキュリティコードを密かに記録された場合、後でどんな不正利用もしくは不正請求がされるか分かりません。

普段の生活に活用しているカードがいきなり不正利用で使えなくなったら大変ですから悪徳業者には要注意です。

金城さん

クレジットカードの裏面を撮影して送るよう要求する業者には注意しましょう。
セキュリティーコードを狙っている可能性があります。
悪徳な現金化業者に注意 悪徳なクレジットカード現金化業者の詐欺の手口や体験談|対処法も

リスク5:クレジットカード現金化の利用では自己破産ができない

現金化利用は自己破産できません
クレジットカードの現金化は打ち出の小槌ではありません。

現金化で利用したショッピング枠はその後に支払う必要があります。

指定の支払い日に支払い口座に十分な残高が無い場合は支払いを延滞したことになり、延滞を繰り返しているとカードを強制解約され、未払い分を一括請求されます。

これを無視していると財産を差押され、生活が立ち行かなくなるでしょう。

借金で首が回らなくなったら自己破産すればいい
そんな風に考えている方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

ギャンブルなど特定の理由で借金を作った場合には自己破産は認められません。

金城さん

詳しくは破産法の「免責不許可事由」の項目に記述されています。

現金化も同じように自己破産が認められない特定理由のひとに含まれます。

そのため、どんな方法であれクレジットカードの現金化を行って借金苦に陥った場合、自己破産では借金を解消できません。

金城さん

現金化は破産法第252条第1項で記述されている「商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと」にあたるとされています。

借金の返済にクレジットカードの現金化を利用すると、いざという時に借金を帳消しにできなくなるので絶対に止めましょう。

クレジットカード現金化には多少なりリスクがあるのに、利用者が多い理由は?

リスクがあっても現金化を利用する人
クレジットカードの現金化には、クレジットカードの利用停止などのリスクがありますが、それを知りつつも利用してしまう人が多くいます。
リスクがあっても利用してしまうのはなぜなのでしょうか。

そこにはリスクよりもメリットの方が大きく感じてしまい、借金をするよりもクレジットカード現金化の方が良いと感じて部分が多くあるからです。

気軽に利用できる

現金化はだれでも自由にできます。
クレジットカードの現金化は、自分でクレジットカードを使用して購入を行うことが出来るために、買い物と何も変わらないのです。
業者を利用する際にも、指示された物を自分で購入して指定された方法で送付すればいいだけで、そこからは業者の指示を聞いて行えばいいだけです。
購入する商品は状況によって異なりますが、特別な所で購入する必要もなく、普段利用している所でもできます。

行っていることは借金などの感覚ではなく、少し違うものの普段と同じような感じで利用することが出来るのです。
そのために買い物感覚で利用できるために、リスクの部分を感じにくくなっていますので、利用する人は何も不安を感じることなく利用出来るようになっています。

現金化の利用は周囲にバレない

現金化は利用履歴が残らない
クレジットカード現金化は既に所有しているクレジットカードで買い物をし、返済もクレジットカード会社への支払いをすればいいだけですので、周囲にもバレないことも利用者が多い理由です。

消費者金融やカードローンの場合は在籍確認など、分かりづらく行ってくれても消費者金融などを一度でも利用した人が対応した場合にはバレることもあるのです。
そのためにバレるリスクがどうしても出てきてしまうことがあります。
しかしクレジットカード現金化は自ら商品を購入し、それを買取してもらえばいいだけですので、やり取りを一部見られたとしても周囲にバレることが全くないからです。

お金がないことが周囲にバレることは、今後の付き合いにも大きく影響してくることも多いために、多少リスクがあってもクレジットカード現金化に頼った方が得になってしまうからです。

欲しい時にすぐ現金が手に入る

現金が必要な時にすぐ手に入る
クレジットカードの現金化は、業者に依頼した場合にはすぐに振り込んでくれることもあるために、現金がすぐに手に入ります。
お金が必要な段階は、すぐに現金化が欲しい時が多いのです。
親や友人などに借りに行く場合にはお金を借りる交渉をしなくてはいけないだけではなく、相手の予定に合わせて行く必要があるために、実際にお金を受け取るまで時間が掛かります。

また、消費者金融やカードローンの場合には必要な書類を集めたり、在籍確認など審査があるために条件によっては多少なりとも時間が掛かることもあります。
しかし現金化であれば、取引を円滑に行えばすぐに現金が手に入るために、利用してしまう人が多くなってます。

個人の信用情報に乗らない

現金化は信用情報に乗りません
クレジットカード現金化は滞納などをしなければ信用情報に載ることがないために、利用してしまう人も多くいます。
信用情報に関してはどのような扱いをされているか分からない部分が多く、詳しくない人であればそこに載ることを大きいリスクと感じてしまうことがあります。
信用情報は年単位で残るだけではなく、その情報を各社共有されていしまいます。

しかし消費者金融やカードローンは利用によって信用情報に情報が残るために、それをリスクと感じてしまう人もいるのです。
そのために将来の不安を残さないために、信用情報に載る消費者金融などの利用などによるリスクを避けて、クレジットカード現金化によるリスクの方が良いと感じてしまいます。

返済方法を自分の好きなように選べる

現金化は返済方法が選べます
クレジットカードは一括支払い、分割支払いなど支払い方法を選択することができるので、自身の収入や支出に沿った支払いが出来るようになります。
クレジットカードの中は一度決定をした一括支払いを分割など他の方法に変更することが出来るのです。
これにより最初は一括にしていたものを分割に変更することで、返済段階のお金の環境に合わせて調整して返済することができます。
支払い期限内までにお金がなく滞納などによって問題が起こることも防ぐことが出来、安全に返済が出来るようにもできます。
設定も簡単に行うことができるために、返済に不安を抱える人が利用しやすく、クレジットカード現金化のリスクよりも優先してしまう人も出てきます。

借り入れよりも審査がゆるい

現金化は借り入れよりも審査がゆるい
借り入れはどうしても在籍確認などがあったり、手間が掛かることもありますので、敷居の高さを感じてしまうことがあります。
特に審査は合否の心配をしたり、欲しい金額まで借入がされるかなどを考えると躊躇してしまうこともあるのです。

しかしクレジットカード現金化の方は、既にクレジットカードを所持していれば問題なく出来てすぐに使えるので安心です。
そこから普段と同じようにすればいいので、手続なども少なくできるために、他の借り入れ方法よりも敷居が低くなります。
そのために手軽さなどを優先をしてしまうと、リスクよりもメリットの方が大きく感じることも多く、クレジットカード現金化の方を選んでしまう人も多く出てきてしまいます。

金城さん

クレジットカード現金化は利用しやすい環境ですが、リスクの事も考えて利用する必要があります。
現金化は色々な面で敷居が低い分、利用をするまでに一つひとつ入念に調べたり、返済の事も頭に入れて利用すると良いでしょう。

クレジットカード現金化は従来のキャッシングやカードローンとは何が違うの?

現金化とカードローンの違い
クレジットカードの現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用するのが特徴です。

キャッシングや現金を貸し出すカードローンは、お金の貸し借りに関わる貸金業法で管理されます。
多重債務を防ぐために様々な制限を受けるのが特徴で、その分業者への負担が増します。
結果的に金利が高くなることが多く、審査も厳しい傾向があるのです。
クレジットカードのショッピング枠よりキャッシング枠の金利が高いことが多いのは、事務負担なども変わってくるためです。
借り入れ審査の基準
クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠さえ残っていれば利用が可能です。
キャッシングやカードローンを新規で申し込む必要がなく、審査落ちの心配もありません。
クレジットカードを複数枚持っていて借入残高が大きい場合や、キャッシングで多額の借入をしている場合は新規の申し込みが受け入れられない可能性が高くなります。
消費者金融から年収の3分の1を超える借入を行っている場合、総量規制によって借入自体ができないのもポイントです。
急にお金が必要になっても審査落ちしてしまえば借入ができず、お金に困る可能性が高くなってしまうのです。
そのため、審査落ちの心配がないクレジットカード現金化で急場をしのぐ人も多いのです。

金城さん

審査が不要で落ちる心配がないのはいいね

クレジットカード現金化はスピーディーに対処してくれる業者も多く、当日中に現金化ができるケースが多いのも特徴です。
消費者金融からのキャッシングは当日中に融資が可能な場合が多いものの、クレジットカードのキャッシングの新規の申し込みやカードローンの申し込みは審査に時間がかかることが一般的です。

明日までにお金が必要といった緊急事態にも使いやすくなっています。

クレジットカード現金化はどんな時に使うのがおすすめ?

クレジットカード現金化は急にお金が必要になり、キャッシングなどもできない時におすすめです。
審査落ちの可能性などを避けながら、スピーディーに現金を手に入れることができます。
借入する金融機関が増えすぎることに不安を覚えてしまう場合や、実際に審査落ちをしてしまった場合にも利用が可能です。
いざという時にも使えるのがクレジットカード現金化の魅力です。

金城さん

もっと具体的に説明するね

キャッシングやカードローンの審査におちてしまった場合、新規に借入する手段はほとんどなくなってしまいます。
これはどの金融機関でも借入の審査基準にする情報がほぼ同じで、審査落ちしたということは何らかの問題がある可能性が高いためです。
書類の記入ミスや申し込み時の金額が大きすぎたなどの問題を除けば、別な金融機関でも審査落ちする可能性が高くなります。
最低限の金額でも審査落ちするようであれば別の手段を考える必要があるのです。
どれだけ時間があるかも大切になります。
次の収入があるまで間にあわせられるのであれば問題はないものの、お金を用意しなければ月々の返済ができないとなればクレジットカード現金化も視野に入ります。
返済が遅れればトラブルの元になるため、クレジットカードの返済に充てるためにクレジットカード現金化を利用する人もいるのです。

金城さん

返済に困ったときにも使えるんだね

多額の現金を用立てたいときにもクレジットカード現金化が利用できます。
たとえば、購入したい物がショッピング枠を超えるものである場合や、そもそもクレジットカードが使えない場合です。
口座の残高などで不足する場合は何らかの形でお金を用立てる必要があります。
しかし、新規の借入が難しい場合や、月々の返済額を増やすのが難しい場合は取れる手段が限られます。
借入の方法が限られる中で現金を用意するためにクレジットカード現金化を利用し、リボ払いや分割払いで支払いを分散して対応するといったことも可能なのです。
ショッピング枠を利用して現金化を行うため、後から支払い方法を変更できるクレジットカードであれば返済金額の調整も比較的簡単になります。
事前に分割払いで現金化できるケースもあるため、選択肢の一つとして利用するのも方法なのです。
複数のクレジットカードの現金化を行い、大きな買い物をすることも可能です。

金城さん

クレジットカード現金化は普通なら諦めなければならないようなピンチを切り抜ける手段になるよ。
キャッシングやカードローンが使えないときでも頼れるのが魅力で、お金の返済に利用する人も多いんだ。
現金じゃないとできない買い物や、トラブルの解決にも利用できることがあるよ。

現金化業者の中には本人確認が必要な場合と不必要な場合があります。

現金化業者の中には利用をするときに本人であることの確認が必要な業者と不必要な業者があるのをご存じでしょうか?そこで、これから確認を行う業者とそうでない業者のことについてご紹介しましょう。

現金化業者には、本人を確認しなくてもクレジットカードの現金化サービスを行っているところがあり、確認なしで現金化サービスを利用することは可能になっています。
そして、初めての利用という方に対してこのステップを飛ばすことで、その分迅速に現金化サービスを提供する業者がみられるのです。
電話も不要で、メールのみやり取りして現金化手続きを進めることができ、スピーディに口座に振り込みを行ってもらうことが可能という業者もいるのです。
確認なしでカードの現金化を行ってもらえる業者は、利用する側からみるとより便利なサービスを提供しているように思われるかもしれません。
しかし、本人の確認なしで電話も不要というカードの現金化の業者はごく少数です。

クレジットカードの現金化業者の多くはこの確認を行っているのです。
その理由は、利用者が安全にサービスを利用することができるようにということからなのです。
カードの現金化業者はカードの不正利用を防ぐためにもこうした確認を行っているのです。
カードで買い物を行う時にはカードを作成した本人がそのカードを使用しなければならないと決められています。
これは夫婦であっても相手のカードを使うことはできないということなのです。
そのため、カード現金化業者はこうした点から確認を行っているということなのです。
クレジットカードの名義人以外の人が現金化サービスを利用するということはカードの不正使用になってしまうのでこうした確認を行い、より安全なサービスを提供しているということです。

金城さん

現金化業者には本人を確認する業者とそうでない業者がいるといわれているけど、確認をするとカードの不正利用などを防ぐことになるため、こうした確認を行っている業者が多いんだね。
その方が利用する人にとっても安全に利用することができるね。

クレジットカード現金化をするには身分証明書を求められる

クレジットカード現金化をするには身分証明書を求められます。
ではどうしてこのような身分証明書を求められるのでしょうか?そこで、カードの原因かではこのような身分証明書が求められる理由についてご紹介したいと思います。

カードの現金化サービスを提供している業者で現金化サービスを利用する時には身分証明書を求められます。
その理由は、古物営業法を守るためです。
古物営業法は中古品買取業を営む場合に遵守する必要がある法律で、中古品を買い取りしたり販売したりする時にはこの法理を守る必要があるのです。
そして、中古品を買い取る際に本人を確認することが必要であると定められています。
したがって、買取を点で刈り取りを行ってもらう場合には身分証明書を求められるようになっているのです。
カードの現金化には方式があり、特に商品買取方式という方法でサービスを提供している業者ではこの古物営業法に基づくサービスを提供するために、必ず身分証などを用いた本人であることの確認が行われています。

商品買取方式でカード現金化を行っている業者も商品の買取サービスを提供しているという点で古本などの買取店と同じと考えられており、古物営業法の適用を受けるということです。
したがって、カードの現金化サービスを利用する場合には身分証提示が求められるということです。
けれども、カード現金化業者にはキャッシュバック方式によるサービスを提供する業者もあります。
その場合は古物営業法ではなく景品表示法という法律の範疇となり、この方式で現金化サービスを提供している業者は本人の確認を行う義務は特に定められていないのです。
したがって、商品買取方式でカード現金化を行っている業者でカード現金化を行うには身分証明書を求められるということなのです。

金城さん

クレジットカードの現金化サービスを利用する時に、買取方式でカードの現金化を行っている業者では古物営業法によって必ず身分証明書を求められるようになっているんだね。
でも、キャッシュバック方式で営業している現金化業者は別の法律の範疇になるから必ずしも身分証明書が求められるともいえないということだね。

提出した身分証明書の個人情報は大丈夫なの?

クレジットカード現金化サービスを利用する場合は法律の規定によって身分証明書が求められるということは分かったけれども、そうなると不安な点も出てくるかもしれません。
不安になる点として、提出した身分証明書の個人情報は大丈夫なのかということが挙げられるといえます。
この点については実際のところはどうなのでしょうか。
身分証を提示したけれども悪用されたりするリスクはないのでしょうか?サービスを利用するために身分証を提示して、それが悪用されてしまうと思うとても不安になりますし、身分証にある個人情報が勝手に悪用されてしまって困ったことになってしまうといったようなリスクはないのでしょうか?
この点については、悪質な現金化業者を利用するのでなければ問題ないといわれています。
つまり、多くの現金化業者できちんと営業している業者で身分証を提示する分には心配はいらないということなのです。
そして、悪徳な現金化業者でない限りは大丈夫ということです。
それに対して、悪徳な現金化業者は電話番号やメールアドレスを悪用するような業者のことで、そうした現金化業者に身分証を提示すると悪用されてしまうリスクがあります。
例えば、本人確認不要という言葉で利用者を誘うような詐欺業者もあります。
こうした業者は気を付ける必要があります。
例えば、身分証は提示しないものの、業者に連絡をするために提供した電話番号やメールアドレスなどの情報を悪用されるリスクがあるのです。

金城さん

カードの現金化サービスを行っている業者ではサービスを利用する際には身分証明書が求められているけど、こうして提示した身分証明書の個人情報は大丈夫なのかとても心配という人も多いよね。
この点については、悪徳な現金化業者でなければ問題ないし、あまり神経質なる必要はないといわれているよ。

身元確認不要な現金化業者は注意が必要!

身分確認が不要な現金化業者は注意が必要といわれています。
ほとんどのカードの現金化業者ではサービスを利用する際に身分証明書が求められているのですが、中にはそうした書類を提出しなくてもサービスが利用できる業者も存在しています。
そうした業者は注意が必要ということなのです。

身分証明書の提示が不要な業者は悪徳業者の確率が高いです。
確認なしで現金化を行うことができるという時にはリスクについても確認してから利用するということが大切です。
例えば、法外な手数料を取る業者もいます。
そうしたリスクについても知っておいてから利用するようにしましょう。
カード現金化では還元率が80%以上が相場的といわれ、中には90%以上の還元率を提供しているところもあります。
けれども、確認を行っていない業者の中には、手数料がとても高く、還元率が60%未満になっているというところもあるのです。
こうした点や、提示した電話番号やメールアドレスを悪用されてしまうリスクもあるということも知っておきましょう。
確認は不要という甘い文句で利用者を誘っている詐欺業者には気を付けましょう。

それに対し、身分証明書をちゃんと確認する業者はきちんと運営しているので安全ということです。
身分証を確認する業者はカードの不正使用を防ぐという点でも、法律をきちんと順守する姿勢を示すという点でも安全に利用することができる可能性が高い業者といえます。
法外に高い手数料でもなく、これまでに利用した人の口コミ評判などがよい業者なら安心して利用できる可能性が高いのです。
したがって、カードの現金化業者を利用する場合にはこうした点をチェックしてから選ぶということが大切なポイントといえるでしょう。

金城さん

ほとんどのカード現金化業者ではサービスを利用する際に身分証明書が求められているんだよ。
でも中には身分証明書を提示しなくてもサービスが利用できる業者もあるよ。
でも、そうした業者は注意が必要だから、安全に利用するためにもサービスを利用する場合は気を付けるようにしよう。

身分証明書を求められたらきちんと提出しよう!

クレジットカードの現金化サービスを利用する場合、多くの業者では身分証を求められるようになっています。
けれども。
そうした時間がもったいない、個人情報を提示するのに不安があるという時は本人の確認が不要なクレジットカード現金化サービスは便利に思われるのではないでしょうか。
確かに、時間がかかったり、個人情報を悪用されてしまうのではと心配になったりすることもあるため、こうした確認が不要な現金化業者は一見すると便利に思われるといえますが、一方で法律を遵守していない悪徳業者や詐欺業者である可能性があります。

しかし、中には確認が不要という業者もいます。
そうした業者は、法律などをきちんと守っていない悪質業者であるのかというと、必ずしも一概にそうだともいえないのです。
確認不要の業者には利用者の利便性を重視するサービスを提供するために確認不要にしているところもあるでしょう。

けれども、クレジットカードの現金化を行っている業者は、法律を守り、カード現金化サービス自体を守るために本人を確認しているのです。
したがって、カード現金化サービスを利用する場合にクレジットカードの不正使用なども防ぐという意味でも、利用する前にきちんとサービスを提供している業者について安全に利用できるかどうかを確認しておくようにしましょう。
そして、その上でカードの現金化サービスを利用する場合には、身分証明書を求められた時にはきちんと提出しましょう。

クレジット現金化業者をネットで探す際に、口コミはどこまで信用できる?

今までクレジットカード現金化を利用したことがない人は、ネットで現金化業者の口コミを調べてから優良な業者を決めるという場合も多いですね。
本来なら口コミは、利用者のリアルな意見が反映されているはずですが、現金化業者の口コミは必ずしもそうとは限りません。

特に現金化業者の公式サイトに載っている口コミは、用心すべきです。
現金化業者は自分のサイトから申し込みしてもらいたいですから、良い口コミしか載せていないケースがほとんどです。
つまり、自作自演の口コミが多いですから、公式サイトの口コミをそのまま信じてしまうのは危険ですね。

比較サイトや口コミ情報サイトも、やはり偽物の口コミが多いですね。
特に1つの業者をベタぼめしていたり、具体的な内容が書かれていない口コミには用心すべきです。

良い口コミだけでなく悪い口コミにも目を通し、多数の比較サイトやランキングサイトの口コミに目を通すのが大切です。
本当に信頼できる業者かどうかを自分の目で見極めて、自分で判断するようにしましょう。

信用できるネットの口コミは、平均すると半数くらいですから、参考程度に留めておくのが無難ですね。
公式サイトから得られる情報を吟味したり、電話で直接業者に問い合わせしたりして、口コミだけで業者選びしないようにしましょう。

優良なクレジット現金化業者を探すには口コミ情報が役にたつ

優良なクレジット現金化業者を探すには、やはり口コミ情報が役に立ちます。
口コミというのは基本的には業者を利用した人が感じた、リアルな意見が投稿されています。

優良な業者選びで、大きなウエイトを占めているのは換金率ですね。
業者ごとに換金率は違っていますから、損しないためにも口コミで実際の換金率について知っておきたいところです。
公式サイトに書かれてある換金率は最大のもので、手数料などが含まれています。
実際の換金率は手数料が引かれてもっと低くなりますし、何%だとは公式サイトに書かれてありません。
高換金率がどうか知るためには、やはり利用者の口コミから換金率を拾っておく必要がありますね。

今や即日振込みしてくれる業者も多いですが、最短3分でお振込みなどと公式サイトには書かれてあることが多いです。
しかし、実際にはもう少し時間がかかりますから、本当に振込まれるまでの時間が知りたいという人もいます。
そんな時に現金化業者ごとの口コミは役立ちますね。
何分で振込まれたかなど、具体的な時間が書かれていますから、スピード対応してくれるかどうかがはっきりわかります。

このように口コミには、利用した人しかわからない業者の状況や評価が書かれています。
その中から優良な業者を絞り込む材料になりますから、口コミ情報は役立つものですね

現金化の口コミを全部信用するのはちょっと待って!

現金化業者の比較サイトやランキングサイトを見てみると、いいことばかり書かれてある場合が多いです。
これにはきちんと理由があり口コミを全部信用してしまうと、とても危険です。
そこで、どんな点に気をつけるべきかを紹介しましょう。

業者を利用していない人のウソの口コミ

ネット上の現金化業者比較サイトやランキングサイト、口コミサイトなどの大多数は、広告目的でサイト運営されています。
いわゆるアフィリエイトというもので、広告をサイトに掲載して誰かが利用すれば、サイト運営者に報酬が入るという仕組みですね。
業者の広告を利用してもらうためには、良い口コミがたくさんあった方が有利です。
業者を実際には利用していないのに利用したふりをして、良い口コミをせっせと載せている場合がありますね。
投稿しているのがサイト運営者自身の場合もありますし、ネット上でお金を払って誰かを雇い口コミを投稿してもらっているケースもあります。
利用者の生の意見ではありませんから、信用するのは危険ですね。

業者が良い口コミを書いている自作自演の場合アリ

現金化業者の公式サイトの口コミは、怪しい物が多いです。
現金化業者は自分のところを利用してもらいたいですから、良い口コミをでっち上げて自作自演している場合があります。
また、比較サイトなどネット上で、口コミ投稿フォームを設置しているサイトも見られます。
そこでも、業者が自社のために良い口コミを、自身で投稿している場合もありますね。
5chや知恵袋などの掲示板でも同様で、業者が自社の評判を高めるために、良い口コミを書いていたりもします。
検索エンジンから口コミを探して来る場合を想定して、業者がホームページ製作代行業者を利用してサイトを作って順位を上げ、良い口コミばかり載せている場合もありますね。

金城さん

口コミ情報は本当に業者を利用した人が、純粋に書いているものばかりとは限りません。
広告目的でサイト運営者が良い口コミばかり載せていたり、業者が自社のために自演している場合があるなんてちょっと怖いですね。
そういう口コミに引っかからないように、ちゃんと信用できる口コミかどうかを判断しないといけませんね。

悪い口コミは逆に役にたつ?口コミの見方

口コミには良い口コミもあれば、悪い口コミもあります。
本来なら良い口コミを信じるべきですが、現金化業者の口コミは逆に悪い口コミが役立つ場合があります。
また、本当に役立つ口コミも紛れていますから、口コミの見方について知っておきましょう。

金額や換金率・現金化の流れが書かれてある

詳細な情報が書かれてある口コミは、良い口コミでも悪い口コミでも信憑性が高いですね。
いくら振込まれたかという具体的な金額や換金率、振込みスピードなど、具体的な内容が書かれてあるほど信頼できます。
どういう状況で現金化を利用したかとか、職業や年齢などがあればなお良しですね。
また、どんな風に現金化したかなど、現金化の流れが詳しく書かれている口コミも信頼できます。
電話で聞いてから申し込みフォームを送信したとか、途中でメールで連絡が来たなど、流れがわかる口コミなら安心感があります。
リアルな口コミを書こうとするとどうしても長文になりますから、ある程度の文字数がある口コミなら信頼性も高くなりますね。

悪い口コミを重視して業者選びをする

1つの現金化業者の口コミで、100%全部良い口コミだけということはあり得ません。
中には不満を感じる人もいますから、どんなに優良な業者でも悪い口コミの1件くらいはあるものです。
そんな悪い口コミからも、得るところは大きいですね。
換金率が低いとか振込みされるのが遅いなど、不満が大きければ大きいほど悪い口コミも増えてきますね。
複数のサイトで悪い口コミを見ていると、ある共通点に気づくはずです。
評判の悪い業者というのが見えてきますから、それを除外していけば優良業者を見つけやすくなりますね。
また、良い口コミと悪い口コミの両方が書かれてあれば、信頼性も高いです。
接客はあっさりで冷たかったけど換金率は悪くない、などという口コミですね。
悪い口コミから悪質業者を除外し、両方触れている良い口コミから優良業者を拾っていくようにして、業者選びの参考にしましょう。

金城さん

業者や広告目的の運営者は、悪い口コミなんて絶対に書かないですね。
だから、悪い口コミを拾って除外すれば、優良業者にたどり着けるというわけです。
また、具体的な数字を出してあったり、利用した時の流れなど、内容が詳細な口コミもまた信憑性が高いですね。
悪い口コミを重視することと、詳細で具体的な口コミを信用して、業者選びに役立てるというのが大事ですね。

ネットにある本物の情報を選んで優良な現金化業者を見抜こう

ネットには非常に多くのクレジットカード現金化業者があります。

かつては店舗だけだったので、その数は少なく、大都市のターミナル駅(東京であれば新宿や渋谷の駅前など、大阪であれば梅田やなんばなど)にある程度でした。

しかし、ネットの普及によって店舗やオフィスを持たなくとも簡単に開業できるようになった点や既存の金券ショップがネット事業として始める点も後押しして非常に多くのクレジットカード現金化業者が増えたのです。

全ての業者が優良でしかも換金率が高い業者であれば問題ないのですが、競争が厳しいため非常に悪質な業者や利益確保のために換金率が低くなった業者も多くなりました。

そんな中でもしっかりとした経営を行い優良な現金化業者として経営を行っているところも少なくありません。

しかし、そうは言ってもネットを調べると非常に多くの口コミ情報があふれ、中にはフェイクともいえるような巧妙な口コミや業者の情報が紛れています。

そういった状況の中であってもネットにある本物の情報を選んで優良な現金化業者を見抜きたいものです。

そこで今回、優良な店舗はどういったものなのか、現金化を利用したら違法になるのか、スムーズに現金化する方法、健全に運営しているクレジットカード現金化業者はどこを見ればいいのか、そして最後にクレジットカード現金化と闇金は何が違うのかと言ったことをお話しし、クレジットカード現金化業者の選び方と言うテーマで項目ごとにお話をしていきます。

この記事を読めばきっと優良なクレジットカード現金化業者を探す大きなヒントを得られるのではないでしょうか。

優良な店舗はクレジットカード現金化業務に「古物商の資格」が必要なことを知っている

最初に優良なクレジットカード現金化業者の条件として、古物商の資格を持っているということが挙げられます。

これはクレジットカード現金化を行う上で安全に現金化を行うための免許と言っても過言ではありません。

そもそも古物商の資格とはどんなものかについてまず解説します。

古物商の資格とは、一言で言うと古物(中古品)を扱う仕事です。

古物と言っても一度取引されればそれは古物になるため、新品でも一度売ったものを買い取ればそれは古物になります。

この取り扱いには資格が必要で、都道府県ごとに取る必要があります。

この古物商とクレジットカード現金化がどんな関係があるのかというと、クレジットカードで現金化をする流れの際に必須になるからです。

例えばクレジットカード現金化業者からものを買って、それを買い取るという形で現金を入金するという手や利用者が金券類(ネット通販のギフト券など)のシリアルナンバーを送って、それを買い取るとき(現金化するとき)に資格が必要になります。

もし、これらを資格なしに行うと3年以下の懲役100万円以下の罰金を課せられるのです。

金城さん

古物商の資格を持っていないクレジットカード現金化業者は違法なんですね。

サイトを見ると免許を持っている業者は都道府県名と古物商許可番号が書かれているので、チェックしてみましょう。

きちんとしたクレジットカード現金化業者であれば、会社概要などの欄に古物商の番号が記載されています。

これを見て優良かそうでないかを見分けるヒントになります。

クレジットカード現金化の法律上の扱いは?

クレジットカード現金化の法律的な扱いはどうなのでしょうか。

基本的にクレジットカード現金化自体は違法ではありません。

実際に過去に逮捕者も出ていますが、これはクレジットカード現金化業者ではなく、それを装って無許可で貸金業を行っていたケースであり、クレジットカード現金化業者自体に逮捕者が出たケースはないのです。

なぜ逮捕されないのかと言うとあくまで商品を利用者が購入して、購入した商品を買い取り、現金を渡りたり振り込んでいるだけと言うまさにリサイクルショップと行っていることが同じと言う解釈ができてしまうからです。

また、購入してもらう商品や買い取る商品も金券や家電、雑貨など法律に触れるものは扱っていないという理由もあります。

逆に武器や違法薬物などであれば法に触れますが、わざわざそういったものをクレジットカード現金化に利用する業者はまずいません。

そういった意味で、あくまでリサイクルショップの延長のような業態として扱われ、法律の上では違法ではないという認識がもたれているため大規模な規制がされていないのです(ただし古物商の資格を持っていないと違法になることもあります)。

金城さん

ちょっと違法なんじゃないかと思われる方もいますが、基本的な流れを押さえたうえでの取引であれば、中古品の買取と言う形での業態になります。

そういった意味で、今まで逮捕者が出たということはなく運営が行われているのですね。

ただ、最後にも書きましたがこういったスタイルで現金化を行う場合は古物商の資格が必須条件と言えるのです。

現金化を利用したら違法になる?

現金化を利用したら違法になると思われがちですが、実際に逮捕者は出ていません。

しかし、法律にはなくともクレジットカード会社が規定する規約というものがあります。

利用したら違法なのか、また会社の規約とはどんなものかについて解説します。

現金化を利用したら違法になることはありません。

実際に非常に多くの方が利用しています(業者によっては1社で年間延べ人数で10万人を超えるとアナウンスしている業者もいます。
)が、実際に現行犯、あるいは履歴から逮捕されたということはないのです。

扱いとしてはあくまで買い取ってもらって現金を受け取ったという形式になるので違法行為ではないという解釈ができるという点も後押しして違法とは言い切れないのです。

仮に完全に違法な行為であれば、ネット上であっても一斉に摘発が行われ(住所が明示されているため踏み込むことは可能ですし、ネットの情報を調べたり、電話番号の登録先を調べれば警察が踏み込んで顧客リストを調べ芋づる式に逮捕できる。
)、逮捕者が多数出ていますがそういったことはない事からも違法とは言えないのではないでしょうか。

違法ではなくともクレジットカード会社の規約には触れる恐れがあります。

この規約とはクレジットカード会社と取扱業者、利用者との間に結ばれているルールのことで、これを破った場合カードの代理店としての契約解除や利用者にはクレジットカードの利用停止と言ういわゆるカードトラブルが発生します。

なぜ、この規約に触れるのかと言うとクレジットカードのショッピング枠を使った現金化は禁止を言うニュアンスのものがほぼすべてのクレジットカード会社に規約として明文化されているからです。

そのため、クレジットカード会社がクレジットカード現金化を行っている業者や利用者を認知した時、契約店の解除やクレジットカードの利用停止と言った対応をしてくる可能性があります。

金城さん

クレジットカードの現金化行為は法律では問題なくともクレジットカード会社が規約違反と判断したらクレジットカード利用停止ということになってしまうのです。

ただ、規約違反と言う判断があいまいなので、その点に関してはクレジットカード会社の判断や解釈によって対応が異なります。

なので、クレジットカードの現金化を行ったら即利用停止とはならないのです。

業者の中には審査の緩いところも!スムーズに現金化できます!

クレジットカードの現金化は違法ではありませんが、クレジットカード会社の規約違反にはなります。

しかし、このクレジットカード会社の規約違反の判断を行うのは会社によって様々です。

つまり、取引に関して審査が厳しいところと緩いところがあります。

具体的にはJCBやAmericanExpress(アメックス)、ダイナーズクラブといったカード会社は取引に関する審査が厳しく、現金化の審査が厳しいです。

そのため、多くのクレジットカード現金化業者はこれらのカードの現金化を行っていませんし、行っているところでも煩雑な手続きで安全に行うための手間がかかるため、手数料が高く設定されています。

しかし、クレジットカード会社によってはそうでない業者もあるため、そういったクレジットカード会社であれば非常にスムーズに現金化できます。

また、クレジットカード現金化はローンではないので審査も緩く、身元さえ確認の審査が通ればほとんどのクレジットカード現金化業者がスムーズに現金化を行ってくれ、速い業者では5分でできると言っているところもあります。

金城さん

クレジットカード会社のAmericanExpressやダイナーズクラブはクレジットカード現金化が難しいため業者を探すのが大変です。

それに昔行われていた新幹線の回数券をクレジットカードで購入し、買い取ってもらう方法は、どこの会社も厳しく審査しています。

クレジットカード現金化業者に関しては身元の審査さえ通ればビックリする位現金化が速いので、便利と言えます。

健全に運営しているクレジットカード現金化業者はどこを見ればいいの?

健全に運営しているクレジットカード現金化業者の見分け方として、業者の概要、固定電話を使っているか、実績はあるのか、そして補助的に口コミサイトを参考にするという点を挙げます。

業者の概要を見ると代表者と事業所の住所が表記されています。

これを調べてみてマンションの一室であったり、非常に怪しそうな場所であれば少し疑った方が良いです。何かあった時に消える可能性があります。

また、古物商の番号もチェックしましょう。

悪質なものは番号が記載してあっても偽造の番号(ネットで登録番号の業者を調べることができる)だったりすることがあるので、偽造した番号であればまず利用するのを止めます。

連絡先に固定電話(フリーダイヤル)を使っているかも見てください。

携帯の番号であったり、電話番号未記載であればその業者は避けるべきです。

実績も調べましょう。自称10年と言っていても最近できた業者もあります。

この点はサイトの詳細を調べるという点もありますが、口コミサイトなどで最近できた業者か分かる場合が少なくありません。

こういった点をチェックすると健全に運営しているクジレットカード現金化業者を見分けることができます。

金城さん

クレジットカードの現金化業者も業者のプロフィールを見れば多くのことが分かります。

古物商の登録を表記していても、偽造したものだということは古物商の番号を検索すれば簡単に判明させることができます。

この他連絡先や口コミなどトータルな情報収集で見分けていきましょう。

単独サイトの情報などで判断するのは危険です。

クレジットカード現金化と闇金は何が違うの?

クレジットカード現金化と闇金は融資をしないか、するかの違いです。

クレジットカード現金化はあくまで商品の買取がメインなので収入の審査や利息を取って返済を迫るということはありません。

それに古物商など公的な資格を取得している業者もいます。

一方闇金は完全に犯罪です。

貸金業の資格なしに無資格で融資を行っているうえ、利息も法律(年20%~15%)を無視した非常に高いものになっているところも多くあります。

そのため少額でも返済ができなくなるという大変危険なもので、何より闇金を利用した場合、利用者なのに逮捕されたという事例もあります。

つまり、安全なクレジットカード現金化に対して犯罪行為で危険な闇金と言う対照的な位置づけも出来るのです。

いずれにしても全く別物であり、一緒にしないことを強くおすすめします。

さらに、闇金は逮捕されないように事務所を構えていないことはもちろん、連絡先も使い捨ての携帯電話の番号であることがほとんどですからいつでも連絡が取れなくなりますし、そういった信用度の違いも(優良な)クレジットカード現金化業者と闇金業者の違いと言えるのではないでしょうか。

金城さん

お金を受け取れるという点では似ているクレジットカード現金化と闇金ですが、闇金は明らかに違法なもので利用することによってこちらも逮捕されてしまうことがあります。

また、闇金は利息も非常に高いので返済が困難になることが多く、危険と言う側面もあります。

一方クレジットカード現金化は一度利用すればクレジットカードの支払いを行うだけなので業者からの取り立てなどがないという点も注目です。

クレジットカード現金化の来店型と来店不要型の違いは?

来店型と来店不要型の大きな違いは、実店舗があるかないかということです。

来店型の場合、特定の場所に実店舗を構えておりクレジットカードを現金化したい時に直接その店に足を運ぶ必要があります。

クレジットカード専門業者が安心ですが、金券ショップでも現金化してもらえることがあります。

店舗は全国各地に存在し、比較的駅から近い場所にあることが多いので行きやすいです。

お店の人と直接やり取りして進めていくので、分からないことがあったらすぐに聞くことができますし、お店や店員さんの雰囲気などで怪しいお店かどうかの判断もある程度できるでしょう。

インターネット上や電話だけでのやり取りでは不安という方は来店型の方がおすすめです。

また、現金を手渡ししてもらえるのもポイントが高いです。

店舗によっては50万円まで手渡しOKということもあるようです。

口座に振り込まれない心配もないですし、すぐに現金が必要な時はその場で受け取れるので便利です。

初めてクレジットカードを現金化するので不明な点が多く、不安だという場合も安心です。

ただデメリットもいくつかあり、わざわざ店舗へ行くのが面倒という方、顔と顔を合わせてやり取りするのが苦手というような方は来店不要型が良いでしょう。

来店不要型は、反対に実店舗が存在せずネット上だけで取り引きが出来てしまうのです。

最近ではクレジットカード現金化の専門業者が増え、こちらが主流になってきています。

現金化の利用は無店舗型の来店不要がおすすめ

では来店型と無店舗型のどちらがおすすめかと言うと無店舗型の来店不要ではないかと思います。

まず無店舗型の場合は店舗がありませんので、わざわざ足を運ぶ必要がありません。

忙しい人や昼間は仕事をしている人などはお店に行く時間が取りづらいので助かりますね。

さらに申し込みはインターネットなので24時間、全国どこからでも利用可能です。

また実店舗の家賃を払う必要がないので換金率が高くなります。

業者によって最大換金率は98.8%というところもありますので、無店舗型の方がおすすめです。

インターネットで申し込む場合は、ホームページの専用フォームに名前・電話番号・メールアドレス・住所・希望金額・希望受け取り日時・カード残高を入力して送信します。

その後。
申し込みが完了したら電話がかかってきますので本人確認と5分ほどのカード利用情報などについて答えます。

本人確認の際には運転免許証・パスポート・国民健康保険証の画像をメールで送ってください。

そして業者から指定された商品をネットで購入します。

決済完了後に換金率をもとにした金額が指定口座に振り込まれるという流れです。

金城さん

無店舗型にはメリットがたくさんあることが分かったね。

業者によっては最短5分で現金を振り込んでくれるから今すぐ現金が必要な時は大助かりだ。

ただ、専門業者を装った詐欺も横行しているから数ある業者のなかでどの業者が良いのか、しっかりと調べてから利用しよう。

無店舗型だと利用が不安?いえいえそんなことありません!

無店舗型は人と対面して直接やり取りすることがないので信用できないという方でも安心してください。

たとえばカード現金化専門業者の「和光クレジット」「エブリィ」「あんしんクレジット」「エキスパート」あたりは安全性が高いとされています。

インターネットで検索すれば口コミなどの評価も見られるのでそちらも合わせて参考にすると良いでしょう。

高い換金率でありながらクレジットカード使用停止などのカード事故や現金が口座に振り込まれないといったトラブルが起こる可能性も低いので安心して利用できますよ。

さらに業者から指定される商品については、専門アドバイザーによって利用者の購入履歴などから判断した最適なものを提案してくれるので、利用者に金額的に無理な商品をすすめることもありません。

業者によっては、購入した商品が家に届かないような仕組みになっているので家族などの同居人にもバレたくないという方にもおすすめです。

たまにクレジットカードの現金化は違法だという情報も目にしますが、顧問弁護士が運営を監修しているため法律を犯すようなこともありません。

金城さん

人と人のやり取りが安心だと思っていたけど、無店舗型の業者でも良さそうだな。

無店舗型を利用するメリットはやっぱり換金率の高さだと思う。

クレジットカードのショッピング枠さえ持っていれば誰でも利用できるから、給料日前で苦しい時や冠婚葬祭などで現金が必要な時はとっても便利だね。

一度利用してみたいと思うよ。

無店舗型のクレジットカード現金化をみんなが選ぶのには理由がある!

お金の工面には苦労する人も多く、色々な方法を模索しては選べ切れないことがあります。
その中で店舗を持たない無店舗型のクレジットカード現金化を選ぶ人が多くいるのです。
そこには選ぶだけの価値があり、ちゃんとした理由があるのです。

店舗を必要としない分換金率が優れている

実店舗の場合には賃料だけではなく、利用者を迎えるにあたって色々な経費が掛かってきます。
そのために店舗型は無店舗型に比べて必要コストが多くなってしまうので、利益を出すためには還元率に影響が出てくることもあるのです。

しかし無店舗の場合には店舗作りなどせずに事務所だけで行うことができるので、スペースを抑えたり、立地なども気にしなくてもよくなります。
そのために必要コストを削減することができるので、その分を換金率に反映することができるのです。

また、無店舗型の場合にはスマホやWEBといったもので出来るので、全国各地の人が利用することができます。
そのために比較などされやすいために、比較的還元率も高くなることもあります。
そのために無店舗型のクレジットカード現金化は換金率が優れていることも多いために、選ぶ人が多くいます。

審査不要で現金を工面できる

お金を工面する方法の一つに借金がありますが、小額であっても借金をするためには審査が必須になっています。
審査をされること自体をストレスに感じる人も多く、出来るだけ避けたいと考える人も多くいるのです。
さらに必要以上の情報を業者などに与えたくないと考える人もいます。

その点で無店舗型のクレジットカード現金化は、審査不要で現金を工面することができます。
また、本人確認書類による確認だけでいいので、必要以上の情報を出すこともないので安心できます。
特に無店舗型の場合には、対面もないのでストレスを感じにくいので、良い方法となっています。
こういった事から無店舗型のクレジットカード現金化を選ぶ方が多く存在います。

借金でないため身元審査があっても心配無用

借金の場合には身元審査で拒否されることもありますが、大きな要素として現在の職業や状況が大きく関わってくることが多くあります。
そのために求職期間中であったり、安定した収入がないと借金もできない可能性もあり、お金の工面ができなくなることもあります。
しかしこういう人こそお金の工面が必要な場面が多くあるのですが、無店舗型のクレジットカード現金化では心配は無用なのです。

他にも借金の場合には総量規制などがあって、十分な収入があっても借金の状況次第では借りることができない人もいます。
クレジットカード現金化にはこういった身元審査などもないので、問題が生じている人でも利用することができます。
そのために身元をあまり探られたくない人にとっても無店舗型のクレジットカードが選択肢の一つになっています。

カード利用停止になるリスクを回避できる

クレジットカード現金化は、さまざまな対策が行われているために、一人でやるのが難しくなっています。
特に換金率を高くしようとすると怪しい形での商品購入をしてしまったり、商品によっては還元率低くて大きく損してしまうこともあるのです。
そのために上手く出来なかったりすることも多く、カード利用停止のリスクが出てくることもあるのです。

しかし無店舗型のクレジットカード現金化業者は、全国各地の利用者に対して何度も行っているために、上手く対策を行っていることも多いのです。
そのためにカード利用停止にならないような方法を模索してくれているので、リスクを回避することができます。

クレジットカードは普段の生活でも多く使う機会があるものですので、出来るだけリスクは避けようと無店舗型のクレジットカード現金化をみんなが選んでいます。

即日振込サービスを使えば最短で当日中に現金を工面できる

お金の工面は早く済ませたい場面が多くなっています。
こういう状況で無店舗型のクレジットカードは即日振込サービスを行っている所も多くあるので、みんな選んでいるのです。

しかしこの場合には申し込み時間など即日振込の条件をクリアする必要があるために、当日振込をして欲しい場合には、問い合わせなどが必要となります。
また、申込時間だけに限らず振込に利用する口座でも当日振込の有無が変わる場合があります。
そのためにどの口座が当日振込に対応しているかなども聞いておくことが大切です。
それでも即日振込の条件はそれほど難しくないために、無店舗型のクレジットカード現金化を選んでしまう理由になっています。

時間と場所を選ばずPC・スマホで全国どこからでも申し込み手続きができる

お金の工面が必要な時は不意に起こることであり、場所も状況によって異なります。
無店舗型の場合には来店など対面が必要ないために、全国どこからでも申し込みが出来るようになっているので人気です。
スマホによる申し込みや電話による本人確認と書類の提出などもスマホやPCでできるので、利用しやすくなっています。

場所以外にも24時間対応である所もあるので、時間も選ばずに利用することができるのです。
振込であるために、口座から現金が下ろせる所を探しておくことで、振込後すぐに現金を手に入れることもできます。

そのために色々な場面で融通が利きやすい所も多く、利用がしやすい無店舗型のクレジットカード現金化を選ぶ人も増えています。

金城さん

無店舗型のクレジットカード現金化は、比較対象となる業者は多いので良い契約をすることもできます。
身元審査などの色々な制限がなく自由に現金を工面できる一方で使い過ぎのリスクも抱えてしまうこともあります。

自己管理を上手くすることが、無店舗型のクレジットカード現金化と付き合っていくために重要でしょう。

無店舗型の現金化業者にもデメリットはあります。

無店舗型のクレジットカード現金化はメリットのみに思ってしまいますが、デメリットも当然あります。
避けられるものもあるので、後悔しないように油断せずにデメリットのことも頭の片隅に入れておく必要があります。

クレジットカードが利用停止になってしまうことがある

みんなが無店舗型現金化業者を選ぶ理由に利用停止にならないこととありますが、クレジットカード現金化はクレジットカードの利用が出来なくなることもあります。
今まで何の問題がなく行えていてもある日突然利用停止になってしまうことがあります。
これはクレジットカード会社も対策を色々としてくる可能性もあるために、突然使えなくなることもあるのです。
そのために注意しながら利用しなくてはいけません。

クレジットカードの利用停止は今まで分割などで使用していたクレジットカード使用分を一括によって返済しなければいけないこともあります。
そのために利用停止によって一括支払いになった場合でも対応が出来るように利用しすぎないようにするなど、計画的に行うことが大切になります。

足元を見て換金率を下げる悪徳業者が存在する

換金率は必ずとサイトなどに記載されているものとは限らないなど、相手を見て対応してくる悪徳業者が存在します。
そのために換金率が思っていたよりも低くく下げられてしまうこともあるのです。
特に無店舗型の場合には電話連絡のみであるために、足元を見られやすく、注意して利用をする必要があります。

また、クレジットカード現金化は換金率以外にも手数料など他の費用が掛かることもあるために、還元率が必要以上に下がってしまうこともあります。
そのために全部の費用を見てどのくらいの換金率になるかを確認することが悪徳業者を利用しないためには大切なことになります。
悪徳業者を避けるためには、比較をしたりするなど対応することが重要となります。

金城さん

クレジットカード現金化は利用停止など万が一のことにも対応していくことが重要になります。
悪徳業者はあらゆる手段を使って還元率を下げていることもあるので、隅々まで確認をしてから契約をするようにしましょう。
無店舗型のクレジットカード現金化だからこそ起こりやすいデメリットの事も多く考えて、慎重に行動することが大事です。

クレジットカード現金化を業者に依頼すると、どんな商品を注文したりするのか?

クレジットカードの現金化を業者に依頼した際には、幅広いタイプのものを注文する特徴があります。
最も高い頻度で見受けられる注文商品は、比較的低価格な玩具です。
玩具はひとつあたりの金額は数百円から数千円程度ですが、複数個購入して、ある程度まとまった金額に現金化するという手法が目立っています。
こうした玩具を注文して初めに購入し、その後現金化することによって、高い換金率を誇ることが期待できる可能性の生じてくることが特徴です。

玩具以外にも、雑貨やアクセサリー小物などを注文するケースもあります。
このような商品も、玩具と同様に低価格で購入できるものが主流であり、極端に高いものを注文するケースは少ないとされています。
玩具と同じく、場合によっては複数個購入することで、現金化の金額を増やすという手法が取り入れられています。
玩具よりもこうしたアクセサリー小物を注文するという業者は、前に比べて多く見受けられつつあります。
そのため、近頃では最もポピュラーな購入対象の商品して挙げられるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化にあたっては、このような低価格帯で購入できるタイプの商品が、しばしば購入の対象として挙げられています。
現金化を進めるにあたり、選択しやすいというメリットがあるほか、現金化儀容者でも取り扱いやすい利点が存在しています。
高級なものを購入する場合よりも、利用者にとってもハードルが低くなると考えられています。

金城さん

現金化する時は、何かと高級で値段の張るものを購入するのかなというイメージがあります。
ところが実際は低価格で売られているものが中心で、少し以外に感じた人も多いと思います。
しかし、現金化業者では低価格帯のものを注文して、確実に現金化の処理ができるように環境を作ることが今ではポピュラーなケースなんですね。

即日現金化してくれる業者と、後日現金化してくれる業者の違いは何?

現金化までにかかる時間や日数は、業者によって異なるのが現状です。
現在は即日で現金化を図る業者が多くなっていますが、申請された情報を確認し、すぐに本人確認が取れ次第入金をすることが多いです。
そのような対応を取る現金化業者は、即日での現金化を実践することが高い確率で実現されています。
申し込みがあってから、30分程度で入金まで完了する業者も多くなっており、スムーズな対応を実現させることができていると評価されています。
このような特徴のあるクレジットカード現金化の業者は、土日や祝日でも関係なく、即日で現金化の作業を行っている特徴も存在します。

また、その日のうちに入金されず、後日現金化処理の実施される業者もあります。
このような業者は、元々現金化の申し込みの件数が多く、短時間で現金化が完了しないという理由が度々挙げられています。
通常時の段階で、比較的時間を要すると想定される業者であることが多いため、特徴として抑えておくと良いのではないでしょうか。
また、業者によっては申し込み情報を確認し、一旦そこで手続きが止まることもあります。
その後日を改めて入金の処理を行うというプロセスを経るところもあり、その場合には日を跨いでの入金になることが一般的となります。
即日での現金化を行う業者に比べて、個々の手続きや処理に時間がかかっているという特徴があることから、スピードの面では少しゆとりを持って検討することが求められるでしょう。

金城さん

現金化までのスピードは、今ではかなり速くなってきているのがポイントですね。
即日で現金化されるのはとても安心だし、業者の評価も高くなりやすいです。
ただ、申し込みの件数が多くなってしまったりすると、現金化に1日以上かかってしまうことも現実としてあります。
このような点は、口コミなどを見ておくと安心できるかと思います。

クレジットカード現金化の優良店舗の探し方は?どこを見ればいいの?

クレジットカードを現金化する時には、どの部分に着目して探すと優良店舗が見つかるのでしょうか。
店舗探しの際に気になる人も多いかと思うので、いくつかチェックポイントを設けて詳しくチェックしていきましょう。

換金率が高い

優良店舗の特徴としては、換金率が高いところがまずは挙げられます。
クレジットカードの枠を現金化する時には、業者によって換金率が異なります。
平均的には80~85%程度の相場であると考えられており、それ以上の数値になると換金率は高めと判断されます。
換金する金額が高くなるほど、率がアップするという業者もあることから、自分の換金したい金額と照らし合わせて確認することがより効果的です。
業者によっては常時90%を超える換金率の設定が実現されることもあり、優良な現金化業者の筆頭に挙げられることが多くなっています。
こうした特徴があるところは、換金した際の金額で満足できる可能性も高くなるのではないかと考えられています。

振り込みスピードが速い

現金化の手続きが終わり、振込が完了するまでのスピードが速いかどうかも、優良店舗を見分ける大事なポイントになります。
振込が完了するまで、1時間もかからない業者も最近では多く見受けられています。
非常にスピーディーに現金が指定の口座に振り込まれると、早急にお金が必要な人にとっては嬉しいと感じられるでしょう。
有料とか考えられる業者は、およそ3時間程度で換金が終了しており、スムーズにクレジットカードの現金化手続きを終えられる利点が見込まれます。
振込までにどの程度の時間がかかるかも、優良な業者や店舗であるかどうかの判断材料として挙げられています。
こうした部分で高く評価されるところは、複数見受けられているのではないでしょうか。

金城さん

現金化業者の中で優良なところを見分けるには、いくつかチェックポイントがあるのですね。
どこの業者も同じサービスなのかと思ってしまいますが、換金率や換金までのスピードで大きく差があります。
その部分に注目して、優良な業者を見付けられるようにしておきたいですね。

クレジットカード現金化は、土日も振り込みしてくれるの?

クレジットカード現金化は土日に加えて、祝日でも振り込みしてくれる業者が殆どです。

クレジットカード現金化のメリットは申し込みの当日中には現金が受け取れる手軽さです。

なので、土日の振り込みに対応しているのは今では標準サービスと言っても良いでしょう。

しかし、振り込みはしてくれても受け取りまでに遅れてしまう可能性も少なからず存在します。

その中でも遅れる可能性を作っている原因として多いのが「指定口座が営業時間外で反映が遅れる」です。

クレジットカード現金化では現金の受け取りには銀行口座が必要です。

どの銀行口座を使うかは基本的に自由なので、既にお持ちの口座で受け取り用の口座として設定する事は可能です。

但し、振り込みが即座に反映されるか否かは指定口座の営業時間次第です。

現在は振り込みは24時間即時反映のモアタイムシステムを導入している銀行口座も増えてきているので、以前に比べると土日の振り込みでも即時反映されて受け取りも容易になっています。

とは言え、全部の銀行口座が対応している訳ではないので、お持ちの口座だと即時反映されない可能性もあります。

一部の現金化業者では事前の問い合わせで指定口座が振り込みは即時反映されるか否かを確認出来るようになっています。

また、ゆうちょ銀行や楽天・ジャパンネット等のネット銀行を推奨している業者も存在しています。

推奨している銀行は振り込みは即時反映される銀行として扱われているので、紹介された銀行口座をお持ちであれば振り込みは確実に即時反映されます。

少なくとも土日でも振り込みしてくれる事を希望しているなら推奨銀行を選ぶ方がオススメです。

金城さん

土日の振り込みに対応していても、直ぐに受け取り出来るかは受け取り用の口座の営業時間次第なのですね。

現金を直ぐに受け取りたいなら即時反映型の銀行口座を作った方が良さそうです。

現金化業者が特定の銀行を推奨しているのが不思議でしたが、即時反映型のを紹介しているのならば納得です。

むしろ、教えてくれるだけ有り難いですね。

クレジットカード現金化で業者に依頼したのに振り込まれないことはある?

クレジットカード現金化ではちょっとしたきっかけで現金の振り込みが遅れてしまう事があります。

悪徳業者だったからと言う単純な理由ではなく、お客様が意識せずに行ったある行動や予期しない事情が原因で振り込みが遅れてしまいます。

金城さん

悪徳業者じゃない現金化業者でも振り込みが遅れる事はあるみたいですね…
遅れるのは仕方ないにしても、何が理由で遅れるのかは気になりますね?
わざとなら質が悪いですけど、わざわざ評判を下げるような事をするメリットもありませんので不思議です。

何が原因で振り込みが遅れてしまうような事態になってしまうのでしょうか?

繁忙期のせいで確認が遅くなっている

クレジットカード現金化は繁忙期が存在します。

繁忙期とは主に月末や月初めを指します。

繁忙期での現金化は通常に比べて人も多くなり、現金化の手続きや振り込みの確認等が遅れやすくなる傾向にあります。

また、繁忙期程では無いにしても振り込みが遅めになりやすい日もあります。

主に下記の日程が遅くなりやすいです。

  • 土日祝の当日
  • 金曜日の夕方等休日や祝日の前日
  • ゴールデンウィークやお盆、年末年始等の大型連休

繁忙期がある一方で、閑散期もあるのでは?と考える人もいるかもしれません。

実際、月の中頃は比較的現金化の申し込みが集中する事が少ない為、閑散期として扱われています。

急ぎで現金が必要じゃ無ければ、閑散期に絞って現金化するのも選択肢としてあります。

金城さん

クレジットカード現金化にも繁忙期があるなんて知らなかったです…
土日祝日や大型連休ならお金を使う事も多いので、現金化する人が増えても仕方ないかな…と思っていました。

実際は月末や月初めが繁忙期だったのですね…
でも、閑散期もあるなら繁忙期を避けてそちらの時期に合わせて現金化するっていうのも悪くないかもしれませんね。

クレジット決済が高額で、送金の準備に時間がかかっている

クレジットカード現金化を利用する人の中には数十万円以上の大金を現金化する場合もあります。

もし、数十万円以上の大金での現金化だと振り込みが遅くなりやすいです。

遅れる理由として、高額でのカードの利用はカード会社から「不正利用されてるのでは?」と疑いの目を向けられるからです。

特に換金性の高い商品(家電やブランド品等)になるとその疑惑も高くなります。

最悪の場合、判明するまでカードの一時利用停止となって決済が不可能になる事もあります。

現金化業者では利用停止のリスクを回避する為に、カード会社から利用の確認が取れるまで敢えて振り込みを遅らせます。

下手に早く振り込みをして利用停止の疑惑を高めるよりは、リスク回避の安全性を取って遅れての振り込みを選んでいます。

金城さん

クレジットカード現金化でショッピング枠を使う以上はカード会社の利用確認が必要です。

大金を現金化するなら高額な買い物になるので、カード会社からのチェックも厳しくなるのも当然です。

カードの利用停止になって決済そのものが駄目になるリスクもあるのを考えれば、確認が取れるまで振り込みを遅らせるのは仕方ないですね。

銀行提携のカードで申し込んでいる

クレジットカード現金化で使うクレジットカードの発行元は指定も無ければ問われる事もありません。

しかし、一部のカードだと振り込みが遅れる場合も存在します。

その中でも銀行提携のカードは遅れやすくなりやすいです。

理由として「入金が早すぎると怪しまれる」があります。

現金の振り込みは決済確認後に直ぐに行いますが、これが却って「換金目的での利用では?」とカード会社が不信感を抱いてしまう事があります。

特に銀行提携カードの場合だとチェックがより厳重になり、少しでも換金目的での利用が疑われると利用停止等のペナルティを出します。

そのペナルティを回避する為に決済完了後の振り込みを敢えて遅らせる事で、カード利用停止になるリスクを回避させています。

金城さん

銀行提携のカードだとチェックが他のカードに比べて厳しいみたいですね。

不正利用されているのを見過ごしたら評判を下げてしまうだけにチェックも厳重にならざるを得ないのでしょう。

出来る事なら別のカードを使っての現金化の方が良いのかもしれません。

もし、銀行提携のカードしか無ければ、遅れるのは覚悟した方が良さそうです。

クレジットカード現金化で失敗しないポイントをおさらいしよう!

クレジットカード現金化で現金を得る以上は安全かつ失敗しないように現金化するのが一番です。

その為には現金化で失敗しない為の押さえておくべきポイントのチェックが必要です。

これらのポイントをおさらいする事で失敗しない現金化が望めます。

金城さん

クレジットカード現金化で失敗したくないのは誰でも同じ考えです。

その為に現金化で必要なポイントを知っておいて損はありません。

とは言え、おさらいした方がいいポイントは具体的に言うとどれになるのかは気になります。

どのポイントも重要だと思いますが、ここだけは特におさらいした方がいいポイントはあるのでしょうか?

換金業者を比較してみよう

業者の比較もおさらいポイントとして重要です。

クレジットカード現金化専門の現金化業者は簡単に調べるだけでも最低十数社以上は存在します。

数が多いと自分に合った業者も見つけやすくなりますが、どの業者がオススメなのかを比較してからじゃないと損する現金化になる可能性も高くなります。

業者を比較するポイントとして挙げられやすいのは主に

  • 換金率
  • 手数料(振込や送料等)

上記2点は重視されやすいです。

特に換金率に関しては数字は高くても手数料が発生してしまって現金としては高くもなければ安くもないと散々な結果になる事も珍しくありません。

現在は口コミ等関連サイトからでも情報を調べる事が出来る業者もあるので、こちらも参照にしながら比較するのが良いでしょう。

金城さん

同じクレジットカード現金化の業者でも会社で違いはありますので、比較しておいた方が安全なのは分かる話です。

特に換金率は高く設定していても手数料は別途にあるの現金化業者は多いので尚更です。

現在は口コミサイト等でも利用者の声が見れるので、現金化関連サイトでも業者を調べた方が良さそうです。

業者比較の参考は多い程良いです。

必要書類を用意しよう

クレジットカード現金化でも必要書類は存在しますが、基本的には身分証明書を用意していれば問題ありません。

主に運転免許証・保険証・住民票・パスポート等を指していますが、現在はマイナンバーカードにも対応している業者は増えてきています。

後はクレジットカードが必須ですが、使えるクレジットカードに関しては業者側で決めています。

その為、使えるブランドと使えないブランドが出てきますが、基本的には日本国内で発行されたカードなら使えます。

必要書類をもしも事前に確認したい場合、申し込みに入る前にメールや電話で確認を取るのがオススメです。

同じ必要書類でも業者によって用意しないといけない物が違う事は珍しくないので、事前確認しておいて損はありません。

金城さん

必要な書類も業者によって違ってはいますが、基本的には身分証明書を用意しておけば一先ずは安心です。

クレジットカードも使えるブランドも業者で違うのは意外ですが、国内で作られたクレジットカードなら使えるので、そこまで重要な問題でも無さそうです。

どちらにせよ、現金化の際には必要書類の事前確認が出来るならした方が良いですね。

実際に換金業者に申し込みをしよう!

比較や必要書類の準備が終われば、現金化の申し込みへと進みます。

現在はHPからメール申し込みとネットからの利用が主流ですが、一部の業者では店頭でも申し込み可能です。

店頭の場合、営業時間の短さや出店している業者は一部のみに加えて一部の地域(東京や大阪等都市圏)に限られる等デメリットは少し多いです。

しかし、その場で現金を渡して貰えるので、当日中に現金が貰える点では店頭での申し込みの方にメリットがあります。

とは言え、来店する必要が無く、地方からでも利用が出来て申し込みだけなら営業時間外でも出来る利便性の高さを考えるとネットの方がどちらかと言えばオススメです。

どちらを選ぶにしても現金を得る為に申し込みだけは先に済ませておきましょう。

金城さん

同じ現金化の申し込みでもネットと店頭で違いが目立ちますね。

店頭だと現金がその場で貰えるのは魅力的ですが、利用出来る人や場所が限られています。

ネットだと地方の人でも利用しやすくて便利ですが、現金の受け取りは店頭に比べると長くなりそうです。

どちらを選ぶにしても自分に合った方法で現金化の申し込みは行いましょう。